COZUCHIのクラウドファンディングはやばい?プロ投資家目線で仕組みからメリット・デメリットまで解説!

「COZUCHIって何かヤバそうな感じだけど買っても大丈夫なの?」

「SNSでもCOZUCHIは話題だけどメリットとデメリットを知りたい」

など、COZUCHIがどんな投資商品なのかを知らない人も多いと思います。

COZUCHIは、1万円から始めることができる不動産クラウドファンディングです。

優先劣後システムを採用することで元本割れのリスクを低減し、投資後は運営会社に任せておくだけで分配金を得ることができます。

少額投資が出来る、登録が簡単、自分のタイミングで出来るなどメリットも多いですが、抽選に当たりにくい、税制優遇が受けられない、仕入れ先や運営会社が上場していないなどデメリットもあります。

今回は、COZUCHIの仕組みやメリット・デメリットについて解説します。

COZUCHIの公式サイトはこちら

またCOZUCHIは、累計調達額が600億円を超えたと発表しました。

引用:COZUCHI【第6号】四半期レポート

さまざまなサービスが出てきた不動産クラウドファンディングですが、COZUCHIは累計調達額トップで、多くの投資家から選ばれているサービスです。

大注目のCOZUCHIですが、人気すぎて毎回応募率は100%を超えます。

投資をするには会員登録と審査を済ませておく必要があります。

投資したいファンドが出た際にすぐ投資できるように、今のうちから登録しておくことをおすすめします。

投資家から大注目!COZUCHIの公式サイトを見てみる⇨

※本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

COZUCHIはやばい?仕組みを理解した上で投資をしよう

COZUCHIを知らない人は、怪しい、やばいなどマイナスのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

COZUCHIの仕組みを理解した上で投資することが重要です。

ここでは、COZUCHIの仕組み、

  • COZUCHIは不動産クラウドファンディング
  • 優先劣後システムで元本割れリスクを軽減
  • 投資後はほったらかしでOK

について解説します。

COZUCHIは不動産クラウドファンディング

COZUCHIは、不動産クラウドファンディングです。

不動産特定共同事業法に基づき原則国土交通大臣等または、都道府県知事の許可を受けて運営を行っています。

許可を得るためには、宅地建物取引業の登録・免許が必要で、不動産取引から生ずる収益又は利益の分配を行う第1号事業の場合は資本金1億円が必要です。

COZUCHIの運営会社であるLAETOLI株式会社は、こういった条件をクリアした上で東京知事の許可を受けて運営しています。

優先劣後システムで元本割れリスクを軽減

 

COZUCHIは、投資家保護のために優先劣後システムを採用しています。

優先劣後システムは、ファンドの出資総額の一部を運営会社が出資し、万が一不動産の価格が下がった場合には運営会社の出資部分を充当する仕組みです。

COZUCHIの場合は、ファンドによって5%~60%の出資を行っています。

投資後はほったらかしでOK

自分で不動産投資をすると賃貸経営を行う必要があるので手間暇が掛かります。

COZUCHIでは、運営会社であるLAETOLI株式会社は投資家が出資した資金を使って不動産投資を行い、賃貸経営や不動産の売却によって得た利益を分配金として支払います。

ファンドの運営はすべて運営会社が行ってくれるので、投資後はほったらかしでOKです。

COZUCHIのメリット3選

投資家保護の仕組みが充実しているだけでなく、COZUCHIには多くのメリットがあります。

ここでは、COZUCHIのメリット3選、

  • 少額から投資を始めることができる
  • 登録が簡単
  • 自分のタイミングで換金できる

について解説します。

少額から投資を始めることができる

不動産クラウドファンディングには、匿名組合型と任意組合型があります。

任意組合型の不動産クラウドファンディングの場合は、最低出資額が10万円〜100万円と高額ですが、匿名組合型の不動産クラウドファンディングの場合は、最低出資額は1万円~10万円です。

COZUCHIは匿名型と任意型の両方のファンドを組成している不動産クラウドファンディングですが、匿名型の最低出資額は1万円と低く設定されているので少額から投資を始めることができます。

登録が簡単

不動産クラウドファンディングによっては、本人確認資料を郵送で送るなど投資家登録に何週間も掛かるケースもあります。

COZUCHIの場合は、写真付きの身分証明書とスマートフォンがあれば15分程度で本人確認ができるので投資家登録が簡単です。

自分のタイミングで換金できる

投資をした後で急に現金が必要になっても、指定の期日が来るまで解約できない不動産クラウドファンディングが多いです。

COZUCHIは、現金が必要になれば自分のタイミングでいつでも換金ができます。

換金はマイページより換金申請するだけなので非常に簡単です。

ただし、換金手続きには事務手数料として出資元本の3.3%が必要になるので注意しましょう。

COZUCHIの公式サイトはこちら

COZUCHIの3つのデメリット

メリットの多いCOZUCHIですがやはりデメリットはあります。

ここでは、COZUCHIの3つのデメリット、

  • 抽選に中々当たらない
  • 税制優遇を受けられない
  • 不動産の仕入れ先が上場していない

について解説します。

抽選に中々当たらない

不動産クラウドファンディングの利回りは年5%~6%程度ですが、COZUCHIは分配金利回りが年10%を越える商品が多く、リターンの上限を設けていないので想定よりも利益が出た場合はその利益も分配されます。

ファンドによっては分配金利回りが30%を越えることもあります。

そのため、非常に人気が高く、応募率が500%以上というファンドも多く、抽選で中々当たらないのが難点です。

税制優遇を受けられない

COZUCHIで多く組成されている匿名組合型の不動産クラウドファンディングは不動産の運用はすべて運営会社が行うため、投資家は不動産の税制を受けることができません。

一方任意組合型では不動産を所有する形になるため相続税対策として使うことができます。

COZUCHIでは任意組合型のファンド組成も行なっているため、相続税対策をしたい方は任意組合型のファンドに投資しましょう。

不動産の仕入れ先が上場していない

不動産クラウドファンディングの中には、東京証券取引所に上場している企業も多数あります。

COZUCHIの運営会社であるLAETOLI株式会社と不動産の仕入れ先であるTRIAD株式会社いずれも上場していません。

上場している企業であれIR情報など提供されますが、非上場の場合は財務情報の開示義務がないので企業の状況を把握するのが難しいです。

運営会社が上場していないという点においては、上場している企業よりも信用面で劣ってしまいます。

まとめ

COZUCHIは、優先劣後システムを採用するなど投資家保護に力を入れている不動産クラウドファンディングです。

少額で始められる、登録が簡単、いつでも換金できるなどメリットが多いですが、一方で人気が高くて購入できない、税制優遇が受けられないなどデメリットもあります。

COZUZHIはやばい商品ではありませんので、仕組みをきちんと理解した上で購入するようにしましょう。

COZUCHIの公式サイトはこちら

またCOZUCHIは、累計調達額が600億円を超えたと発表しました。

引用:COZUCHI【第6号】四半期レポート

さまざまなサービスが出てきた不動産クラウドファンディングですが、COZUCHIは累計調達額トップで、多くの投資家から選ばれているサービスです。

大注目のCOZUCHIですが、人気すぎて毎回応募率は100%を超えます。

投資をするには会員登録と審査を済ませておく必要があります。

投資したいファンドが出た際にすぐ投資できるように、今のうちから登録しておくことをおすすめします。

投資家から大注目!COZUCHIの公式サイトを見てみる⇨

※本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。
※本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。

関連記事

  1. COZUCHIは資産運用としておすすめ?プロ投資家目線でJ-REITやソーシャルレンディングとの違いについても解説!

  2. 信長ファンディングの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  3. tsonの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  4. Re:Vest(リベスト)の評判はどう?リスクと実績を徹底解説!

  5. SOLSの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  6. Good Com Fundの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  7. 不動産クラウドファンディングで参考になるおすすめサイト・ブログ7選!

  8. bitREALTYの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  9. 【2月最新版】B-Den(ビデン)のキャンペーン

  10. Funvestの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  11. 不動産クラウドファンディングをやってみた人の評判は良い?プロ投資家目線でメリット・デメリットからポイントまで徹底解説!

  12. エードMYバンクの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  13. 【2月最新版】トモタクのキャンペーン

  14. ハロー!RENOVATIONの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  15. Wealth Park Investmentの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ

  1. エードMYバンクの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリ…

  2. 不動産クラウドファンディングカオスマップ2024年最新版〜93サービ…

  3. VICTORY FUNDの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリス…

  4. プレファンの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク…

  5. LEVECHY(レベチー)の評判・口コミはどう?メリット・デメリ…

ファンドの募集情報をTwitterで配信中!

\5分アンケート回答で1000円分のアマギフもらえます!/