不動産クラウドファンディングをやってみた人の評判は良い?投資家目線でメリット・デメリットからポイントまでわかりやすく解説!

「不動産クラウドファンディングに投資したいけどメリットが良くわからない」

「手軽にできる投資として不動産クラウドファンディングに興味がある」

など、不動産クラウドファンディングに興味を持つ人が増えています。

不動産クラウドファンディングは、スマホで簡単に登録ができ、少額で不動産投資を行うことができるので若年層にも人気の金融商品です。

運営会社が投資家から集めた資金を不動産投資で運用し、得た収益を分配金利回りとして投資家に配当します。

個人で行う不動産投資と違い、居住系、商業系、都市開発プロジェクトなど様々な不動産に投資できるのも不動産クラウドファンディングの魅力です。

今回は、不動産クラウドファンディングをやってみてわかるメリット・デメリットについて解説します。

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

目次

不動産クラウドファンディングをやってみた人の評判・口コミを紹介

不動産クラウドファンディングを実際にやった人の評判・口コミが気になるところです。

不動産クラウドファンディングの利用者の評判・口コミをTwitterや比較サイトなどからピックアップして紹介します。

不動産クラウドファンディングの良い評判・口コミ

まずは、不動産クラウドファンディングの良い口コミ・評判について紹介します。

不動産クラウドファンディングの悪い評判・口コミ

次は、不動産クラウドファンディングの悪い口コミ・評判について紹介します。

不動産クラウドファンディングをやってみたからわかる3つのおすすめポイント

不動産投資を始める前にまずは特徴について理解する必要があります。

ここでは、不動産クラウドファンディングを実際にやってみるとわかる3つのおすすめポイント、

  • 始めるのが簡単
  • 手間暇が掛からない
  • 元本割れするリスクが低い

について解説します。

始めるのが簡単

投資と聞くと始めるのに色々と準備が大変だと思う人も多いはずです。

その点、不動産クラウドファンディングは簡単に投資を始めることができます。

口座開設から投資まですべてスマートフォンで完結することができます。

手間暇が掛からない

不動産投資を始めるには、不動産の選定から購入、運用と非常に手間が掛かります。

日中に仕事があるサラリーマンだと急なトラブルなど対応が大変です。

不動産クラウドファンディングにおいては、投資家は出資をするだけで、賃貸管理や不動産の売買など運用についてはすべて運営会社が行ってくれます。

投資家は出資をするだけで手間暇を掛けずに分配金を受け取ることができます。

元本割れするリスクが低い

不動産クラウドファンディングの多くは、投資家の元本割れするリスクを抑えるために優先劣後システムを採用しています。

優先劣後システムでは、ファンドの募集総額のうち、投資家が出資する優先出資部分と運営会社が出資する劣後出資部分とし、万が一償還時に不動産の評価が下がったとしても運営会社の劣後出資部分から充当されます。

運営会社の劣後出資については、募集総額の10%から30%に設定されているケースが多いです。

不動産クラウドファンディングをやってみたからわかる3つのメリット

不動産クラウドファンディングは、他の投資と比較してもメリットの多い投資です。

ここでは、不動産クラウドファンディングをやってみたからわかる3つのメリット、

  • 安定して分配金を得られる
  • 少額で不動産投資ができる
  • 様々なタイプの不動産に投資ができる

について解説します。

安定して分配金を得られる

不動産クラウドファンディングの一番の魅力は安定して分配金が得られる点です。

分配金の利回りは平均年4%から6%なので、100万円投資をすれば年間で4万円から6万円の利益を得ることができます。

分配金の支払いについては、不動産クラウドファンディングによって異なりますが、期間が1年未満のファンドは投資期間満了時、長期ファンドの場合は2か月に1回と言ったケースが多いです。

もっと利回りの高い投資もありますが、値動きせずに投資できるところが特徴です。

少額で不動産投資ができる

個人で不動産投資を行うと最低でも数百万円の自己資金が必要になります。

アパートや一棟マンションなど大きな不動産の場合は1,000万円以上必要です。

不動産クラウドファンディングの場合は、最低1万円といった少額で不動産投資ができます。

最低出資額は1万円、10万円、100万円など、ファンドによって異なります。

様々なタイプの不動産に投資ができる

不動産クラウドファンディングでは運営会社ごとに投資する不動産の対象が違うので、投資家は様々なタイプの不動産に投資ができます。

投資の対象は、居住用が多いですが、商業テナントや都市開発プロジェクト、地方創生など様々なタイプの不動産に投資が可能です。

収益を得るだけでなく、古民家の再生など地方に貢献できるのも不動産クラウドファンディングの魅力と言えます。

不動産クラウドファンディングをやってみたからわかる3つのデメリット

不動産クラウドファンディングには多くのメリットがありますが、やはりデメリットもあります。

ここでは、不動産クラウドファンディングをやってみたからわかる3つのデメリット、

  • 短期間で利益を上げるのは難しい
  • 途中解約ができないケースが多い
  • レバレッジ効果がない

について解説します。

短期間で利益を上げるのは難しい

投資をする際には、短期間で大きな利益を上げたいと考える人も多いと思います。

しかし、不動産クラウドファンディングでは、少額で不動産投資ができる一方、募集口数も限られているので、多額の投資をして短期間で利益を上げるということが難しいです。

値動きもしないので、想定利回り以上の利回りを得ることは難しいです。

途中解約ができないケースが多い

株式投資であれば市場が開いていればいつでも売買ができます。

しかし、不動産クラウドファンディングの場合は、投資期間満了後に分配金利回りが支払われるので途中解約できないケースが多いです。

中には途中解約できる不動産クラウドファンディングもあるので、途中解約する可能性がある場合は事前に途中解約できるかどうかを確認しておきましょう。

レバレッジ効果がない

不動産投資では銀行から融資を受けてレバレッジを掛けることができます。

レバレッジ効果とは、銀行から融資を受けることで少ない投資資金で大きな利益を上げる方法です。

しかし、不動産クラウドファンディングの場合は、銀行から融資を受けて投資をするということができないのでレバレッジ効果を使うことができません。

まとめ

不動産クラウドファンディングは、少額から始めることができ、元本割れするリスクも低いので初心者にもおすすめの投資です。

スマホがあればすぐに口座開設できるので、誰でも簡単に不動産投資を始めることができます。

不動産クラウドファンディングはメリットの多い投資先ですが、デメリットもあるので投資の際には注意が必要です。

少額で投資がしたい、手間を掛けずに投資がしたいという人は不動産クラウドファンディングを検討してみてはいかがでしょうか。

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次