CAPIMA(キャピマ)の評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

「CAPIMAは怪しいサービス?」

「サービスの利用を検討しているけど実際どうなの?」

CAPIMAは、融資を受けたい企業と出資したい投資家をマッチングするソーシャルレンディングサービスです。

実際に投資している人の評判や口コミを参考にして、CAPIMAを利用するか判断したい、という方も多いのではないでしょうか。

CAPIMAに実際に投資した人の声や実績などについて、詳しく紹介します。

また、CAPIMAでは新規口座開設で現金1,000円がもらえるキャンペーンを実施中です!

もらうにはこの記事内のリンクから招待コードCAPIMA2305」の入力が必要です。

公式サイトからでは対象にならないので注意してください。

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

キャンペーンはすぐに終了してしまう可能性もあるため、早めに登録することをおすすめします。

目次

CAPIMA(キャピマ)の評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

X(旧Twitter)をリサーチした結果、CAPIMAに投資している人の声をいくつか発見したので紹介します。

CAPIMA(キャピマ)の良い評判・口コミ

CAPIMAの良い評判と口コミは、以下の通りです。

CAPIMAの社会的意義の大きいファンドや高利回りファンドに投資できてうれしい、という声を複数発見しました。

優待付きファンドでは、配当に加えて、さまざまな優待を受け取れるため、楽しみにしている方が多くいます。

CAPIMA(キャピマ)の悪い評判・口コミ

CAPIMAの悪い評判や口コミは、以下の通りです。

先に入金しないと応募できないシステムをやめてほしい、という声がありました。

サービスが使いやすくなるように、今後、改善されるとうれしいですね。

CAPIMA(キャピマ)の強み・メリット5選

CAPIMAの強みとメリットは、以下の5つです。

  1. 金融機関で実績を持つメンバーが厳選したファンドに投資できる
  2. さまざまな分野のファンドから選べる
  3. 高利回りファンドに投資できる
  4. 担保付きファンドでリスクを抑えられる
  5. 特別優待付きファンドもある

それぞれ解説します。

CAPIMA(キャピマ)の強みとメリット1.金融機関で実績を持つメンバーが厳選したファンドに投資できる

CAPIMAでは、機関投資家などの限られた投資家にのみ販売されてきたファンドに、直接投資できます。

伝統ある金融機関や投資ファンドで実績を積んだメンバーにより、ファンドが厳選されているため、信頼性が高いでしょう。

CAPIMAは、豊富な経験から培ったノウハウとソーシャルレンディングの仕組みにより、個人投資家でも資本市場へのアクセスを可能にするサービスです。

CAPIMA(キャピマ)の強みとメリット2.さまざまな分野のファンドから選べる

CAPIMAでは、多種多様な分野のファンドが用意されています。

CAPIMAで組成されるファンドは、介護事業やスタートアップ企業支援、フードロス事業、再生可能エネルギー事業などさまざまです。

社会的意義があるファンドも用意されているため、社会貢献にもつながるでしょう。

不動産事業者以外の幅広い分野に投資できるため、分散投資効果も期待できます。

CAPIMA(キャピマ)の強みとメリット3.高利回りファンドに投資できる

一般的なソーシャルレンディングの利回りは、3~5%です。

CAPIMAでは、8%の高利回りファンドの取り扱いもあります。

一般的なソーシャルレンディングと比較すると、高い利回りが見込めるファンドに投資が可能です。

CAPIMA(キャピマ)の強みとメリット4.担保付きファンドでリスクを抑えられる

CAPIMAでは、不動産や債権などの担保付きファンドの取り扱いがあります。

担保付きファンドでは、融資先企業の貸し倒れが発生した場合でも、担保権の行使により出資金を回収できるため、保全性が確保されています。

CAPIMAでは、担保価値が貸付金額を常に上回る設定により、安全性が高められているため、リスクを抑えられるでしょう。

CAPIMA(キャピマ)の強みとメリット5.特別優待付きファンドもある

CAPIMAの特別優待付きファンドでは、一定額以上の投資が確定した場合に、地域の名産品やプログラム体験チケット、施設利用券などを受け取れます。

特別優待付きファンドでは、分配金に加えて優待を受け取れるため、楽しみにしている投資家が多くいます。

CAPIMA(キャピマ)の注意点・デメリット2選

CAPIMAの注意点とデメリットは、以下の2つです。

  1. 原則中途解約できない
  2. デポジット口座への振込手数料は投資家負担

それぞれ解説します。

CAPIMAの注意点とデメリット1.原則中途解約できない

一般的なソーシャルレンディングでは、原則中途解約できません。

CAPIMAも一般的なソーシャルレンディングと同様に原則中途解約不可ですが、申し込み期限前であればキャンセルできます。

抽選募集の場合は、当選後のキャンセルはできないため、注意が必要です。

運用が始まると途中で資金を引き出せないため、投資には余裕資金を充てることが大切です。

CAPIMAの注意点とデメリット2.デポジット口座への振込手数料は投資家負担

CAPIMAでは、デポジット口座への振込手数料は投資家が負担します。

手数料の金額は、金融機関によって異なります。

デポジット口座から出金する場合、出金手数料は無料です。

CAPIMA(キャピマ)のリスク

一般的なソーシャルレンディングには、貸し倒れリスクがあります。

貸し倒れリスクとは、融資先企業の返済能力低下により、債務不履行になったり、業績不振により倒産したり、出資金が返済されないリスクを指します。

そのため、投資する際には、事前に融資先企業の経営状況や財務状況などを、しっかり把握することが重要です。

一般的なソーシャルレンディングでは、融資先企業の情報を公開していないサービスも少なくありません。

しかし、CAPIMAでは、融資先企業の事業スキームやサービス内容など、詳細な情報が公開しているため、投資の判断に役立ちます。

CAPIMAの担保付きファンドでは、貸し倒れが発生した場合でも、担保権の行使により出資金の安全性が確保されているため、貸し倒れリスクの低減が見込めます。

また、CAPIMAでは、独自の審査基準をクリアしたファンドのみが取り扱い可能です。

融資先の情報公開や独自の審査基準、原則四半期ごとのモニタリングなどにより、高い透明性と信頼性が確保されているため、安心して投資を検討できるサービスと言えるでしょう。

CAPIMA(キャピマ)は儲かる?実績を確認

CAPIMAには、募集ファンド30件、累計申込額19億9,306万円の実績があります。(2024年6月時点)

運用が終了した10件すべてのファンドにおいて、元本割れはありません。(2024年6月時点)

運用終了したファンドすべてが無事償還されていることから、儲かる可能性は高いと言えます。

CAPIMA(キャピマ)の仕組みをわかりやすく解説

CAPIMAは、融資を受けたい企業とお金を貸したい投資家をマッチングさせるソーシャルレンディングサービスです。

ソーシャルレンディングでは、インターネットを経由して、不特定多数の投資家から出資を募り、集めた出資金を企業に貸し付けます。

融資先の企業から受け取った利息を投資家に分配する仕組みのため、貸付型もしくは融資型クラウドファンディングとも呼ばれている金融商品です。

CAPIMA(キャピマ)に税金はかかる?

CAPIMAの分配金には、税金がかかります。

分配金は、雑所得として総合課税の対象です。

CAPIMAでは、分配金から所得税と復興特別所得税の20.42%が源泉徴収されます。

CAPIMA(キャピマ)は確定申告が必要な場合がある

CAPIMAは、確定申告が必要な場合があります。

雑所得の年間合計が20万円以上の人や年収2,000万円以上の会社員など、一定の要件に該当する人は、確定申告が必要です。

確定申告の要否は個別に判断されるため、税理士や所轄の税務署などに相談するとよいでしょう。

CAPIMA(キャピマ)は「不動産以外の多種多様な分野のファンドに投資したい人」におすすめ!

CAPIMAは、不動産以外の多種多様な分野のファンドに投資したい人におすすめのソーシャルレンディングです。

CAPIMAでは、介護事業や最先端医療事業など、社会貢献度が高いファンドの取り扱いもあるため、投資家の幅広いニーズに対応できます。

CAPIMA(キャピマ)の運営会社情報

CAPIMAの運営会社は、アバンダンティアキャピタル株式会社です。

アバンダンティアキャピタル株式会社は、機関投資家などの一部の投資家に独占されていた資本市場の民主化を目指す企業です。

ソーシャルレンディングの仕組みを利用することで、個人投資家でも気軽にアクセスできる環境を提供しています。

アバンダンティアキャピタル株式会社の会社概要

アバンダンティアキャピタル株式会社の会社概要は、以下の通りです。

会社名

アバンダンティアキャピタル株式会社

本社所在地

東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル

設立日

2019年9月20日

代表者

舩越 亮

清水 基嗣

資本金

6,900万円

取得している免許

第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第3347号

宅地建物取引業:東京都知事(1)第107825号

まとめ

今回紹介したCAPIMAについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 金融機関で実績を持つメンバーが厳選したファンドに投資できる
  • さまざまな分野のファンドから選べる
  • 担保付きファンドでリスクを抑えられる
  • 特別優待付きファンドもある
  • 不動産以外の多種多様な分野のファンドに投資したい人におすすめのソーシャルレンディング

実績豊富なメンバーが厳選したファンドに投資できるソーシャルレンディングに興味を持たれた方は、CAPIMAの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、CAPIMAでは新規口座開設で現金1,000円がもらえるキャンペーンを実施中です!

もらうにはこの記事内のリンクから招待コードCAPIMA2305」の入力が必要です。

公式サイトからでは対象にならないので注意してください。

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

キャンペーンはすぐに終了してしまう可能性もあるため、早めに登録することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次