LENDEX(レンデックス)の評判・口コミは怪しい?メリット・デメリットから過去の実績までわかりやすく解説!

LENDEXは怪しいサービス?」

LENDEXへ実際に投資した人の評判はどうなの?」

LENDEXは、出資したい投資家とお金を借りたい企業をマッチングする融資型クラウドファンディングサービスです。

融資型クラウドファンディングは、ソーシャルレンディングとも呼ばれている金融商品です。

LENDEXは、怪しいサービスかもしれないと不安なので、実際に投資している人の評判や口コミを参考にして判断したい、という方もいるでしょう。

LENDEXへ実際に投資した人のリアルな声や過去の実績について、詳しく紹介します。

LENDEXの公式サイトはこちら→

不動産クラファンに一括登録ができるFund Searchが、最大2,000円のAmazonギフト券プレゼント中!

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • Darwin funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

目次

LENDEX(レンデックス)の評判・口コミは悪い?投資した人のリアルな声を紹介!

X(Twitter)をリサーチした結果、LENDEXに投資した人の声を、いくつか発見したので紹介します。

LENDEX(レンデックス)の良い評判・口コミ

LENDEXの良い評判と口コミは、以下の通りです。

LENDEXへ投資できた、という声が多くありました。

入金が早く出金手数料が無料なのは、うれしいポイントです。

LENDEXは、条件がいいファンドが用意されている、SNSでも人気のソーシャルレンディングサービスです。

LENDEX(レンデックス)の悪い評判・口コミ

LENDEXの悪い評判と口コミは、以下の通りです。

LENDEXは人気のサービスのため、数秒で完売したり、クリック合戦に負けたり、投資できなかった人の声もありました。

LENDEXのファンドは、募集開始と同時に応募が殺到する、非常に注目度が高いサービスです。

LENDEXの公式サイトはこちら→

LENDEX(レンデックス)の4つの強み・メリット

LENDEXの強みとメリットは、以下の4つです。

  1. 高利回りファンドに投資できる
  2. 毎月分配金を得られる
  3. 短期運用のファンドを用意
  4. 担保や保証付きファンドでリスクを軽減

それぞれ解説します。

LENDEXの強み・メリット1.高利回りファンドに投資できる

LENDEXでは、610%の高利回りファンドに投資できます。

一般的なソーシャルレンディングの利回りは、35%程度。

LENDEXは、業界トップクラスの利回りの高さが魅力のソーシャルレンディングです。

LENDEXの強み・メリット2.毎月分配金を得られる

LENDEXでは、毎月分配金が入金されます。

一般的なソーシャルレンディングでは、運用期間終了後に元本償還と同じタイミングで分配金が入金されます。

しかし、LENDEXでは、毎月分配金を得られるため、投資効果を早く実感しやすいでしょう。

また、毎月入金される分配金を再投資することで、利益が利益を生む複利効果が見込めます。

LENDEXの強み・メリット3.短期運用のファンドを用意

LENDEXでは、短期運用ファンドを中心に取り扱っています。

一般的には、運用期間が長いほど、信用リスクの低下や社会情勢の変化など、さまざまなリスクの影響を受ける可能性が高まります。

一方で、短期運用では、融資先の経営状況などが大きく変化する可能性が低いため、リスク軽減につながるでしょう。

LENDEXでは、不動産担保付きファンドの取り扱いが多くあります。

株式やFX、仮想通貨などの取引と比較すると、不動産は短期間での価格変動が起こりにくい傾向があるため、価格下落リスクを抑えられます。

LENDEXの強み・メリット4.担保や保証付きファンドでリスクを軽減

LENDEXでは、不動産担保付きファンドや保証人付きファンドが用意されています。

担保や保証付きのファンドは、融資先企業の貸し倒れが起こった場合でも、担保権の行使により出資金を回収できるため、安全性が確保されています。

担保不動産の評価は、独自査定と第三者機関での査定を比較し、低い方の80%を上限にファンドを組成。

信頼できる第三者機関に査定を依頼するチェック体制が構築されているため、担保不動産価値の透明性・信頼性が高まります。

担保や保証付きファンドでは、高利回りかつリスクを抑えた運用が可能です。

LENDEX(レンデックス)の2つの注意点・デメリット

LENDEXの注意点とデメリットは、以下の2つです。

  1. 中途解約できない
  2. 貸し倒れの可能性がある

それぞれ解説します。

LENDEXの注意点・デメリット1.中途解約できない

一般的なソーシャルレンディングでは、中途解約できません。

そのため、LENDEXも一般的なソーシャルレンディングと同様、中途解約不可です。

運用が開始されると、途中で資金を引き出せないため、投資には余裕資金を充てることが大切です。

LENDEXでは、短期運用ファンドが中心のため、比較的資金が拘束される期間が短く済みます。

LENDEXの注意点・デメリット2.貸し倒れの可能性がある

LENDEXには、貸し倒れリスクがあります。

貸し倒れとは、融資先企業の返済能力の低下や倒産などにより、出資金が返金されないリスクのことです。

そのため、サービスを利用する際には、融資先企業の経営状況や事業内容について、しっかり理解する必要があります。

LENDEXの担保・保証付きファンドでは、融資先企業の返済能力が低下した場合でも、担保権の行使により出資金を回収可能。

また、LENDEXは短期運用ファンドが中心のため、貸し倒れリスクを抑えられます。

しかし、想定外のトラブルが発生するなど、貸し倒れリスクはゼロではありません。

投資する際には、慎重に判断しましょう。

LENDEXの公式サイトはこちら→

LENDEX(レンデックス)の実績は良い?詐欺や元本割れについて紹介

LENDEXは、サービス開始から現在まで、元本割れや貸し倒れが発生したことは、一度もありません。(20245月時点)

ファンド償還累計が1,000件を突破し、ローン累計4384,116万円の実績があります。(2024年5月時点)

サービス開始以来、すべてのファンドにおいて、遅延や延滞なしで無事償還されていることから、詐欺の心配は不要です。

LENDEXは、高利回りかつ安全性に優れたファンドに投資できる実績豊富なソーシャルレンディングのため、儲かる可能性は高いと言えます。

LENDEX(レンデックス)は「高利回りの短期ファンドに投資したい人」におすすめのソーシャルレンディング!

LENDEXは、高利回りの短期ファンドに投資したい人におすすめのソーシャルレンディングです。

LENDEXでは、610%の高利回りファンドが用意されています。

一般的に高い利回りにはリスクが伴いますが、担保・保証付きのファンドや短期運用によりリスクを軽減。

安全性に優れた高利回りファンドに、少額から投資が可能です。

LENDEX(レンデックス)の登録から利用するまでの3つのステップを解説!

LENDEXの登録から利用するまでの流れは、以下の3ステップです。

  1. 口座開設申請・投資家登録
  2. 本人確認
  3. 認証コードを入力

それぞれのステップを解説します。

1.口座開設申請・投資家登録

公式サイトの「口座開設」をクリックし、投資家登録を申請します。

投資家申請画面にある青色の「ダウンロードする」をクリックして、必要書類をダウンロード。

ユーザー名やメールアドレスなどの入力に進みます。

メールに記載されたURLをクリックし、投資家登録を申請します。

2.本人確認

マイページにログインし、本人確認書類の提出に進みます。

本人確認は、以下の2つの方法があります。

  • オンライン本人確認(eKYC)
  • 郵送ハガキによる本人確認

オンライン本人確認(eKYC)は、スマホのカメラで本人確認書類と自分の顔を撮影して、提出する方法です。

最短即日で本人登録が完了するため、すぐに投資を始められます。

オンライン本人確認(eKYC)で使用できる本人確認書類は、以下の通りです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書

本人確認書類に続き、銀行口座確認書類を提出します。

審査を通過できれば、認証コードが届きます。

本人確認書類が健康保険証の場合は、オンライン本人確認を利用できないため、注意しましょう。

健康保険証を利用する方やスマホなどをお持ちでない方は、郵送ハガキにより本人確認できます。

3.認証コードを入力

マイページにログインし、認証コードを入力します。

取引口座へ入金後、投資を始められます。

LENDEXの公式サイトはこちら→

LENDEX(レンデックス)は怪しい?よくある質問を2つ紹介

LENDEXでよくある質問を2つ紹介します。

分配金には税金がかかりますか?

LENDEXの分配金には、税金がかかります。

LENDEXの分配金は、雑所得として総合課税の対象です。

そのため、所得税と復興特別所得税の合計20.42%を源泉徴収した金額が、取引口座に振り込まれます。

本人確認書類をアップロードできません

本人確認の際に画像をアップロードできない場合は、本人確認書類をメールまたは郵送することも可能です。

個人情報の取り扱いには、十分注意しましょう。

  • ・E-Mail : info@lendex.jp
  • ・所在地 : 東京都渋谷区渋谷二丁目1番11号 郁文堂青山通りビル3階(口座開設係宛)

LENDEX(レンデックス)の運営会社情報

LENDEXは、株式会社LENDEXが運営するソーシャルレンディングサービスです。

株式会社LENDEXは、2017年からLENDEXの提供を開始しました。

株式会社LENDEX(レンデックス)の会社概要

株式会社LENDEXの会社概要は、以下の通りです。

会社名

株式会社LENDEX(レンデックス)

本社所在地

東京都渋谷区渋谷二丁目111

郁文堂青山通りビル3

設立日

200081

代表者

中村 智

資本金

19,450万円

社員の人数

13(役員を含む)

取得している免許

第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)2460

宅地建物取引業:東京都知事(1)104491

まとめ

今回紹介したLENDEXについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • LENDEXは高い利回りが魅力のソーシャルレンディングサービス
  • 担保や保証付きファンドで貸し倒れリスクを抑えられる
  • 毎月分配金を得られる
  • 短期運用ファンドでリスクを軽減
  • 高利回りの短期ファンドに投資したい人におすすめ

高利回りが魅力のソーシャルレンディングに興味を持たれた方は、LENDEXの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

LENDEXの公式サイトはこちら→

不動産クラファンに一括登録ができるFund Searchが、最大2,000円のAmazonギフト券プレゼント中!

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • Darwin funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次