Re:Vest(リベスト)の評判はどう?リスクと実績をわかりやすく解説!

「Re:Vestの評判は?」

「Re:Vestにはどんなリスクがある?」

Re:Vestは、2023年11月に第1号ファンドの募集を始めたばかりの新しい不動産クラウドファンディングサービスです。

SNSでも話題になっているため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

サービスを利用する際には、実際に投資している人の声をチェックしておきたいですよね。

Re:Vestの評判や口コミについてリサーチしたので詳しく紹介します。

Re:Vestの公式サイトはこちら→

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

キャンペーンはすぐに終了してしまう可能性もあるため、早めに登録することをおすすめします。

目次

Re:Vest(リベスト)の評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

X(旧Twitter)をリサーチした結果、Re:Vestの評判や口コミを発見しました。

実際に投資している人の声を紹介します。

Re:Vest(リベスト)の良い評判・口コミ

Re:Vestの良い評判と口コミを紹介します。

Re:Vestの第1号ファンドに応募した人や当選した人の声を多数発見しました。

SNSでも注目されている不動産クラウドファンディングサービスです。

また、新しく一般社団法人不動産不動産クラウドファンディング協会に入会したことで更なる飛躍が期待できそうです。

Re:Vest(リベスト)の悪い評判・口コミ

Re:Vestの悪い評判と口コミを紹介します。

残念ながら落選してしまった、という人もいました。

第1号ファンドでありながら、募集金額を大幅に上回る応募があったため、落選した人も多いようです。

また、「運用終了から償還までの期間が2カ月かかって長い」といった意見も見られました。

新しい不動産クラウドファンディングですが第1ファンドへの注目度が高いことから、順調なスタートだと言えるでしょう。

Re:Vestの公式サイトはこちら→

Re:Vest(リベスト)の強み・メリット4選

Re:Vestの強みとメリットは、以下の4つです。

  • プロが厳選した優良物件に投資できる
  • 少額から不動産投資を始められる
  • 高利回りファンドを用意
  • WEBで完結

それぞれ詳しく解説します。

プロが厳選した優良物件に投資できる

Re:Vestでは、プロが厳選した優良物件に投資できます。

Re:Vestの運営会社は、幅広い不動産を取り扱うプロフェッショナル企業です。

豊富な経験と知識を兼ね備えたプロが、高い収益性と安定性が見込める優良物件を選定。

第1号ファンドの対象物件は、安定した需要が見込める新宿区の区分マンションでした。

物件の選定はプロに任せられるため、初心者も利用しやすいでしょう。

少額から不動産投資を始められる

Re:Vestでは、少額から不動産投資を始められます。

一般的な現物の不動産投資では、多額な自己資金だったり、金融機関から融資を受けたり、まとまった資金が必要です。

しかし、Re:Vestでは、少額から投資が可能。

Re:Vestの第1ファンドでは、最低投資金額が10万円でした。

一般的な現物の不動産投資と比較すると、少額から始められるためハードルは低めです。

高利回りファンドを用意

Re:Vestでは、高利回りファンドが用意されています。

Re:Vestで取り扱う物件は、プロの確かな目で選定された高い収益性が期待できる優良物件です。

一般的な不動産クラウドファンディングの想定利回りは、2~6%程度。

2023年11月から募集を開始したRe:Vest第1号ファンドの想定利回りは6%です。

ファンドによって想定利回りは異なりますが、今後の募集されるファンドも第1号ファンド同様、高利回りの可能性があります。

WEBで完結

Re:Vestは、WEBで完結できる手軽さも魅力のひとつです。

会員登録から運用まで、対面での面倒な手続きは一切必要ありません。

スマホひとつで始められるため、気軽に始められます。

Re:Vest(リベスト)の注意点・デメリット

Re:Vestは、原則中途解約できません。

ファンドの運用開始から終了まで資金が拘束されるため、当面使う予定がない余裕資金を充てることが重要です。

原則解約不可ですが、やむを得ない事由がある場合は、書面での通知により解約が可能。

しかし、解約が認められないケースもあるため注意が必要です。

投資する際には、運用期間中の解約はできないと思っておいた方がよいでしょう。

Re:Vest(リベスト)のリスク

一般的な不動産クラウドファンディングは、元本が保証されていません。

Re:Vestも一般的な不動産クラウドファンディングと同様に元本が保証されていないため、元本割れする可能性があります。

不動産クラウドファンディングサービスを利用する際には、元本割れリスクについて、しっかり理解することが重要。

Re:Vestでは、優先劣後システムの導入により、元本の安全性が高められています。

優先劣後システムについては、後ほど詳しく解説します。

Re:Vestの公式サイトはこちら→

Re:Vest(リベスト)は儲かる?実績を確認

Re:Vestは、2023年11月に第1ファンドの募集を開始したばかりの新しい不動産クラウドファンディングサービスです。

スタートしてから間もないサービスのため、現時点での実績は運用中のファンド2件のみ。(2024年6月時点)

現在運用中の第1ファンドの募集率は、募集金額を上回る136%でした。

Re:Vestの実績はまだ少なめですが、運営会社は幅広い不動産事業を展開している実績豊富な企業です。

Re:Vestは実績豊富な運営会社が提供している不動産クラウドファンディングサービスであり、注目度も高いため今後の成長に伴い実績も増加することが期待できます。

また、2024年3月1日付けで一般社団法人不動産クラウドファンディング協会への入会により、さらに認知度が高まることでしょう。

想定利回り6%の第1ファンドに続き、高利回りファンドの募集が期待できることから、儲かる可能性は高いと言えます。

Re:Vest(リベスト)の仕組みをわかりやすく解説

Re:Vestは、インターネット経由で不特定多数の投資家から出資金を募る不動産クラウドファンディングです。

複数の投資家から集めた出資金をもとに、事業者が不動産を購入し運用します。

不動産の運用や売却によって得られた収益を、出資額に応じて投資家に分配する仕組みです。

Re:Vest(リベスト)は優先劣後システムを導入

Re:Vestは、優先劣後システムを導入しています。

優先劣後システムとは、劣後出資割合の範囲内で投資家の元本を守る仕組みです。

優先劣後システムでは、優先出資者である投資家が優先して利益を受け取ります。

一方で、損失発生時には、事業者が劣後出資割合の範囲内で先に損失を補填。

そのため、劣後出資割合が高いほど、投資家の元本割れリスクは低減できます。

劣後出資割合とは、事業者の出資割合を指します。

一般的な不動産クラウドファンディングの劣後出資割合は、10~30%程度。

Re:Vestの第1号ファンドでは、劣後出資割合が10%でした。

10%の損失分までは劣後出資でカバーできるため、安全性が高まります。

Re:Vestの公式サイトはこちら→

Re:Vest(リベスト)に税金はかかる?

Re:Vestで得られる利益には、税金がかかります。

分配金は、雑所得として総合課税の対象です。

Re:Vestでは、分配金から所得税と復興特別所得税を合わせた20.42%が源泉徴収されます。

Re:Vest(リベスト)は確定申告が必要な場合がある

Re:Vestでは、確定申告が必要な場合があります。

雑所得が年間合計20万円以上の人や年収が2,000万円以上の会社員など、一定の要件に該当する人は確定申告が必要です。

確定申告の要否は個別に判断されるため、税理士や所管の税務署に相談するとよいでしょう。

Re:Vest(リベスト)は「手間をかけずに安定した収益を得たい人」におすすめ!

Re:Vestは、手間をかけずに安定した収益を得たい人におすすめです。

Re:Vestでは、プロが厳選した優良物件に投資が可能。

スマホひとつで始められるため、手間がかかりません。

自社管理による収益確保とプロの物件選定により、安定した利益を目指します。

Re:Vest(リベスト)の運営会社情報

Re:Vestの運営会社は、株式会社リバイブルです。

株式会社リバイブルは、幅広い不動産事業を展開する企業です。

株式会社リバイブルの会社概要

株式会社リバイブルの会社概要は、以下の通りです。

会社名 株式会社リバイブル
本社所在地 〒101-0047
東京都千代田区内神田1-14-8 KANDA SQUARE GATE 7F
設立日 2009年4月10日
代表者 尾形優
資本金 1億円
社員の人数 45名(グループ全体)
取得している免許

宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第10342号

賃貸管理業者登録 国土交通大臣(1)第4605号

不動産特定共同事業 東京都知事 第178号

まとめ

今回紹介したRe:Vestについて、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 2023年11月にスタートしたばかりの不動産クラウドファンディングサービス
  • プロが厳選した優良物件に投資できる
  • 高利回りファンドを用意
  • 優先劣後システムを導入
  • 手間をかけずに安定した収益を得たい人におすすめ

プロが厳選した優良物件に投資できる不動産クラウドファンディングに興味がある方は、Re:Vestの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Re:Vestの公式サイトはこちら→

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

キャンペーンはすぐに終了してしまう可能性もあるため、早めに登録することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次