GATES FUNDINGの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまでわかりやすく解説!

「GATES FUNDINGはおすすめ?」

「GATES FUNDINGのホームページではわからない特徴を知りたい。」

GATES FUNDINGの利用を検討している方の中には、上記のような疑問や要望を抱えている方も少なくありません。

一言に不動産クラウドファンディングサービスといっても、その数は多くGATES FUNDINGが本当に自分に適したサービスなのかを判断しかねる方が多いためです。

そこで、この記事ではGATES FUNDINGのメリット・デメリットや注意点について詳しく解説していきます。

では、まずGATES FUNDINGがどういった不動産クラウドファンディングなのかから紹介していきましょう。

GATES FUNDINGは、投資用マンションの売買や管理を行っているGATES株式会社が運営している不動産クラウドファンディングサービスです。

他の不動産クラウドファンドよりも利回りが高く分配金が期待できるといった特徴がある一方で、運用が終了したファンドが7件しかなく運用実績が乏しいというデメリットもあります。

もっと詳しく知りたいという方は、最後まで読んでみてください。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

目次

GATES FUNDINGの評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

ここでは、GATES FUNDINGの良い口コミと悪い口コミを紹介します。

口コミの内容をしっかりと確認して、GATES FUNDINGのファンドに投資する際の参考にしてください。

GATES FUNDINGの良い評判・口コミ

GATES FUNDINGの良い口コミを紹介します。

上記のように、「思ったよりも応募数が少なかったため当選した」という声をみかけました。

GATES FUNDINGの悪い評判・口コミ

GATES FUNDINGの悪い口コミを紹介します。

GATES FUNDINGでは落選報告が非常に多くあがっていました。

高利回りのファンドが多いため、投資家達から人気の運営会社ということが伺えますね。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

GATES FUNDINGの強み・メリット3選

GATES FUNDINGの強み・メリットは、以下の3つです。

  • 高利回りのファンドが多い
  • 短期運用ファンドがメイン
  • 最低投資金額が1口1万円

上記のメリットについて詳しく解説するので、内容をよく理解した上でGATES FUNDINGに投資するか判断する材料にしてください。

GATES FUNDINGの強み・メリット1.高利回りのファンドが多い

不動産クラウドファンディングの利回りの相場は「4〜6%」程度です。

一方で、GATES FUNDINGの想定利回りは「6.5〜9.9%」という高い想定利回りが設定されています。

特に、第1号ファンドは想定利回りが「20%」を超えており、高い分配金を得られる可能性が高いです。

GATES FUNDINGがこの高い利回りを叶えている理由は、不動産の直接仕入れです。

一般的な不動産販売会社では、仕入れ会社から不動産を仕入れるため、1社挟む分お金もかかります。

GATES FUNDINGでは不動産の所有者から直接仕入れをするため、コストを抑えて仕入れができ、その分利回りを高くすることができるのです。

高い利回りを求めている方は、GATES FUNDINGを検討してみましょう。

GATES FUNDINGの強み・メリット2.短期運用ファンドがメイン

GATES FUNDINGで取り扱っているファンドは、運用期間が短期なものがメインです。

今まで募集されたファンド9件の運用期間は59日〜275日となっていました。

不動産クラウドファンディングは中途解約ができないケースがほとんどのため、運用期間が長いとそれだけお金を使えない期間が長くなりますし、不動産価格に影響を与える市況も変化していく可能性が高まります。

短期運用ファンドはお金が使えない期間が短くなるメリットと、市況が変わらないので、予定通りの運用ができる可能性を高めます。

GATES FUNDINGのファンドは高利回りですが、その分、短期運用であることがリスクを抑えることにつながっています。

しかし、長期的に運用できると、ほったらかしで資産運用ができるので、一概に短期運用が良いとは言えません。

GATES FUNDINGの強み・メリット3.最低投資金額が1口1万円

GATES FUNDINGは、1万円から投資が可能です。

そのため、資金に余裕がない方でも気軽に投資を始めることができます。

一方で、不動産クラウドファンディングの中には、最低投資金額が10万円のサービスも珍しくありません。

そういったサービスは投資するハードルが高く、資金が乏しい方の中には投資したくてもできないという方も少なくないため、GATES FUNDINGのように最低投資金額が低めに設定されていることは大きなメリットと言えます。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

GATES FUNDINGの注意点・デメリット3選

GATES FUNDINGの注意点・デメリットは、以下の3つです。

  • 運用実績が少ない
  • 応募方法が抽選式
  • 募集金額が少ない

先ほど解説したメリットとこれから解説するデメリットを比較した上で、GATES FUNDINGに投資するべきかどうかを見極めるようにしましょう。

GATES FUNDINGの注意点・デメリット1.運用実績が少ない

GATES FUNDINGは、2021年7月12日に第1号ファンドがリリースされた不動産クラウドファンディングサービスです。

そのため、他の不動産クラウドファンディングと比較すると、どうしても運用実績は少なくなってしまいます。

2024年4月時点で7件のファンドの運用が終了しており、運用中のファンドが2件のみです。

このように、実績が少ないだけでなく、他の不動産クラウドファンディングと比較してファンドが組成されるスピードが遅いというデメリットがあります。

とはいえ、運用されたファンドはすべて予定通りの配当金が分配されているため、想定利回り通りの配当金が期待できるのは非常に魅力的です。

GATES FUNDINGの注意点・デメリット2.応募方法が抽選式

不動産クラウドファンディングの応募方式には「先着順」と「抽選式」がありますが、GATES FUNDINGの応募方法は抽選式です。

そのため、投資したファンドに申し込みをしたとしても、必ずしも投資できるわけではありません。

先着順の場合はファンドの募集開始と同時に応募するなどして、自分自身の努力によって投資できる可能性を高くすることができるため、このことをデメリットと捉える方もいます。

とはいえ「先着順」の場合も、募集開始時間に間に合うように待機する必要があるなど、抽選式よりも手間がかかってしまうというデメリットがあるため、一概にどちらが良いといえるものではありません。

GATES FUNDINGの注意点・デメリット3.募集金額が少ない

GATES FUNDINGで募集しているファンドは募集金額が少ない傾向にあります。

直近5件のファンドの平均募集金額は約1,340万円です。

特に9号ファンドは募集金額450万円と非常に少なく、応募率は659%にもなりました。

募集金額が少ない分、投資できる確率が下がってしまうので、GATES FUNDINGだけに投資するというよりも、他のサービスも利用すると良いでしょう。

GATES FUNDINGのリスク

GATES FUNDINGは、金融機関に預けている預金のように元本保証がありません。

運用状況によっては損失が発生する可能性があり、仮に損失が発生してしまうと元本が毀損してしまう可能性もあります。

とはいえ、運営会社であるGATES 株式会社も元本が毀損するリスクを理解しているため、投資家の元本を守るために、優先劣後システムを導入しています。

したがって、過剰な心配は不要です。

むしろGATES FUNDINGは、投資家が安心して投資できる環境が整っているため、おすすめと言えます。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

GATES FUNDINGは儲かる?実績を確認

2024年4月時点でGATES FUNDINGのファンド総数は、「9件」しかなく、他の不動産クラウドファンディングと比較すると実績が豊富ではありません。

しかし、9件中7件のファンドは予定通りに運用が終了しており、今後募集されるファンドも想定利回り通りの分配金が期待できます。

そのため、GATES FUNDINGは、儲けることのできるおすすめの不動産クラウドファンディングです。

GATES FUNDINGの仕組みをわかりやすく解説

GATES FUNDINGは以下のような仕組みで運用されています。

  1. 運営会社でGATES株式会社が投資する物件などを選定する
  2. GATES FUNDING上でファンド組成する
  3. 組成したファンドに対して投資してもらう
  4. その資金で不動産を購入し物件を運用する
  5. 不動産を運用した得た利益から投資家の方に分配金を配当する

投資を検討しているのなら、どういった仕組みで運用されているのかを知っておくようにしましょう。

GATES FUNDINGは優先劣後システムを導入

優先劣後システムとは投資家を優先出資者、GATES株式会社を劣後出資者と定義し、分配金の支払や元本の償還を優先出資者へ優先的に行う仕組みです。

GATES FUNDINGは、この優先劣後システムを導入しているうえに、GATES FUNDINGの劣後出資割合は「40%」と他の不動産クラウドファンディングよりも高く設定されているファンドもあります。(ファンドによって劣後出資割合は異なります。)

したがって、GATES FUNDINGは運用中に損失が発生したとしても元本を毀損するリスクが低い優良な不動産クラウドファンディングサービスです。

安定した運用を望んでいる方は、GATES FUNDINGを検討してみてください。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

GATES FUNDINGに税金はかかる?

GATES FUNDINGの分配金は、源泉徴収税額分(税率20.42%)を控除した金額が登録した口座に振り込まれます。

そのため、分配金が配当されたタイミングで納税する必要がありません。

GATES FUNDINGは確定申告が必要な場合がある

GATES FUNDINGの分配金は「雑所得」になり、総合課税の対象になります。

当然、確定申告が必要になるケースがあるため、注意が必要です。

なお、サラリーマンなどの給与所得者で雑所得が年間20万以下の方は、確定申告は必要ありません。

GATES FUNDINGは「高いリターンが欲しい人」におすすめ!

GATES FUNDINGは、他の不動産クラウドファンディングと比較して高利回りのファンドが多いため、高いリターンが期待できます。

そのため、高いリターンが欲しいという方には、GATES FUNDINGがおすすめです。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

GATES FUNDINGの運営会社情報

GATES FUNDINGの運営会社は、2012年に設立されたGATES株式会社です。

GATES株式会社は不動産投資用のワンルームマンションの売買や、不動産投資物件の管理などを行なっている会社になります。

つまり、GATES FUNDINGは不動産投資のプロが運営しており、信頼性の高い不動産クラウドファンディングサービスと言えます。

GATES株式会社の会社概要

GATES株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名 GATES株式会社
設立日 2012年12月
資本金 1億円
代表者名 関野 雄志
本社住所 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー34F

まとめ

GATES FUNDINGは、投資用マンションの売買や管理をしているGATES株式会社が運営している不動産クラウドファンディングです。

他の不動産クラウドファンディンよりも高利回りのファンドが多く、高い分配金が期待できるといった特徴を持ち合わせています。

しかし、GATES FUNDINGは2021年7月12日に第1号ファンドがリリースされたばかりで実績が乏しいため、投資を検討する際に不安を感じる方も多いです。

そのため、この記事では、GATES FUNDINGのメリット・デメリットや注意点について、詳しく解説してきました。

GATES FUNDINGへの投資を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

GATES FUNDINGの公式サイトはこちら⇒

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次