プレファンの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

「不動産投資に興味があるけれど、資金が足りない…」

「手軽に不動産投資をする方法ってないの?」

など、思われている方もいるのではないでしょうか。

不動産投資は一般的に多額の資金が必要であり、敷居の高い投資です。

一方、不動産投資型クラウドファンディングは少額から不動産投資ができます。

そのため、近年人気が高まっており、多くのクラウドファンディング事業者が参入しています。

WEBで完結できるものも多く、手軽に投資ができることが魅力です。

また、不動産投資のプロが運用してくれるため、安心感もあります。

この記事では、一口1万円から不動産投資ができる「プレファン」を口コミやメリット、デメリットまで徹底的に解説を解説していきます。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

 

☆編集部おすすめ「COZUCHI」が最大で50,500円のAmazonギフトプレゼントキャンペーン実施中!☆

 

50社以上ある不動産クラウドファンディングサービスの中で中でもおすすめなのが、LAETOLI株式会社が運営する「COZUCHI」です。

 

累計調達額はNO.1で、実質利回り10%以上の高利回りファンドを多数組成しているのが特徴です。

 

そんなCOZUCHIは、新規で無料の会員登録を行うだけで、2,000円のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

 

無料会員登録だけでも2,000円がもらえて、さらに投資額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券ももらえる大奮発キャンペーン中です。

 

公式サイトでも同様のキャンペーンを実施中なのですが、無料会員登録でもらえるAmazonギフト券の金額は1,500円と500円下がってしまうので注意してください。

 

 

COZUCHIの中でも過去最大規模のキャンペーンで期限前でも予告なく終了する可能性があるので、興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

 

>>COZUCHIのキャンペーンを見てみる<<

目次

プレファンの評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

プレファンの口コミは、実際のところどうなのか気になるところです。

SNSに上げられた、投資家たちの口コミをまとめてみました。

プレファンの良い評判・口コミ

まずプレファンの良い評判・口コミを紹介します。

運営元が東証スタンダード上場企業であるため、安心して投資ができる。
入居率が高い物件を取り扱っているため、リスクが少なく運用ができる。

少額投資が魅力的。

プレファンは1万円からはじめられたので、初心者でも気軽にスタートできました。

プレファンでは「安心感」と「リスクの低さ」「少額投資」が評価されているようです。

プレファンの悪い評判・口コミ

次にプレファンの悪い評判・口コミを紹介します。

条件がよい案件があったので、出資したいのですがなかなか抽選に当たりません。

募集金額を増やしてほしいです。

運用期間が6ヵ月程度の物が多く、もう少し長い運用期間の物も欲しい。

募集案件数が少ないのが残念。

頻繁に案件を募集してほしいです。

プレファンのネガティブな評価は「抽選倍率の高さ」「運用期間の短さ」「募集案件の少なさ」に対するものが多くみられました。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

プレファンの強み・メリット5選

プレファンで投資をするメリットは以下の通りです。

  • 少額から投資できる
  • 運営元が安心できる
  • 元本割れのリスクが低い
  • 運用はプロに任せられる
  • WEBですべて完結できる

プレファンの強み・メリット1.少額から投資できる

プレファンは一口1万円から投資ができます。

不動産投資は多額の自己資産が必要であるため、参入障壁が高いです。

しかし、プレファンでは1万円から投資が可能となっています。

資産が少ない方でも不動産投資ができるため、初心者の方でも参入しやすいのが特徴です。

プレファンの強み・メリット2.運営元が安心できる

東証スタンダード上場企業であるプレサンスコーポレーションのグループ企業であるプレサンスリアルタが運営を行っています。

トップ企業である運営元であるため、安心して投資を行うことができます。

プレファンの強み・メリット3.元本割れのリスクが低い

プレファンは自社開発しているマンションに特化しています。

開発から管理まで手がけているため、情報量も多く運営を誤る心配が少ないことが魅力です。

そして、優先劣後システムも採用しています。

そのため、運営会社の出資割合を超える損失が出ない限りは、元本割れするリスクはありません。

また、収益の配当は一般の出資者が優先して配られます。

プレファンの強み・メリット4.運営はプロに任せられる

出資後の不動産運用はプレサンスリアルタで全ておこなわれます。

本来、不動産投資を行うと様々な管理が必要となります。

しかし、プレファンでは面倒な管理は全て運営のプロに任せられるので手間がかかりません。

プレファンの強み・メリット5.WEBですべて完結できる

現物不動産投資をおこなう際には、打ち合わせや内観の確認などが必要です。

また、ローンなどの書面もあり、投資までに時間と労力がかかります。

プレファンではローンを組むこともないため、書面も不要ですべてWEBで完結できます。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

プレファンの注意点・デメリット4選

プレファンのデメリットは以下の通りです。

  • 募集案件が少ない
  • 損失が出るリスクがある
  • 途中解約ができない
  • 抽選の倍率が高い

プレファンの注意点・デメリット1.募集案件が少ない

プレファンは2021年の12月よりファンドを開始しています。

サービス開始から期間も浅く、新規案件のペースも毎月1~2個程です。

そのため、募集に参加できる案件は少なくなっています。

しっかりと資産運用をおこないたい場合は、プレファン以外のサービスと併用するとよいでしょう。

プレファンの注意点・デメリット2.損失が出るリスクがある

投資全般に言えることですが、損失のリスクは付き物です。

元本割れを防ぐシステムは導入していますが、元本保証ではありません。

損失の規模によっては、出資金が戻ってこない場合もあるため、注意が必要です。

プレファンの注意点・デメリット3.途中解約ができない

プレファンに出資した場合、運用期間中に解約はできません。

6カ月程度のファンドが多いですが、運用が終わるまでは資金が固定されてしまいます。

プレファンへの出資をおこなう際には、無理のない金額で行うことが必要です。

プレファンの注意点・デメリット4.抽選の倍率が高い

プレファンの倍率は、非常に高いです。

抽選方式で申し込みがおこなわれています。

最近の案件では募集達成率が1,000%を超えることもあり、なかなか当選が難しくなっています。

当選確率を少しでも上げるためには、できるだけ多くの案件に申し込みすることが大切です。

基本的に募集期間は1週間程度ありますので、定期的にホームページをチェックし、申し込みをおこないましょう。

プレファンのリスク2選

プレファンは大きな企業が運営しており、出資者の元本を守るシステムも導入されています。

安心感のある投資のようですが、それでもある程度のリスクはあります。

以下が、プレファンに出資した際のリスクです。

  • 元本割れが起きるリスク
  • 途中解約できないリスク

プレファンのリスク1.元本割れが起きるリスク

元本割れは投資全般にいえるリスクですが、プレファンも例外ではありません。

自社開発マンションを専門チームで運用しているため、質が高いサービスと安心感があります。

また、優先劣後システムの採用もしているので、一般出資者が損をしにくい環境です。

それでも、必ず儲かるとは限らないことは意識しておく必要があります。

プレファンのリスク2.途中解約できないリスク

プレファンでは6カ月程度の運用期間のファンドが多数です。

一度出資をしたら、途中解約はできません。

突然の出費で生活が困っても、出資分を引き出すことは不可能です。

出資の際は、無理のない範囲で運用に回すことが大切といえます。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

プレファンは儲かる?実績を確認

プレファンの第1号ファンドは2021年の12月より開始しています。

以降、月に1~2件の新規案件が増え、募集した案件数は36件で、29件のファンドが運用終了となっています。(2024年2月時点)

プレファンはファンドの運営実績はまだまだ多くはありません。

しかし、2020年の全国分譲マンション供給では1位の実績です。

近畿圏では10年以上、分譲マンション供給で1位になっている実績もあります。

さらに、全国の管理物件数は20,000戸以上、入居率は98%以上です。(2024年2月時点)

不動産クラウドファンディングの利回りはマンションの家賃により左右されます。

つまり、プレファンは高い入居率のため家賃収入を得やすく、高い利回りが期待できます。

案件数が少なく、どれも人気の案件で抽選に当たらなければ出資ができません。

口数も案件や抽選に影響されるため、出資金もどちらかというと少額になりやすいです。

安定した高い利回りは期待できますが、大きく稼ぐことには向いていないといえます。

しっかりと資産運用をおこないたいのなら、別の投資先と併用するのが良いでしょう。

プレファンの仕組みをわかりやすく解説

プレファンは自社開発したマンションに特化した、不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングでは、一般出資者(投資家)と運営会社で出資を行い、不動産を購入します。

利益が出た場合には、物件ごとの配当利回りに至るまで、一般出資者に優先的に配当が分配されます。

残利益がある場合には、運営者に分配される仕組みです。

不動産クラウドファンディングでは、一般的に銀行の普通預金と比べて、高い金利を期待できるのが特徴ですが、元本保証はされていないため、損益が出る場合があることには注意が必要です。

プレファンは優先劣後システムを導入

一般出資者(投資家)を優先出資者、運営会社を劣後出資者とする、優先劣後システムが導入されています。

利益がある場合には、優先出資者である一般出資者(投資家)に優先して分配されるのです。

損失が出た場合には、劣後出資者である運営者側が負担します。

そのため、仮に20%の出資を運営会社がおこなっている場合、20%を超えない損失であれば一般出資者(投資家)が損失を被ることはありません。

出資者の元本と利益を守るシステムといえます。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

プレファンに税金はかかる?

プレファンの分配金は雑所得に該当します。

20.42%(所得税+復興特別所得税)が源泉徴収されます。

プレファンは確定申告が必要な場合がある

以下の場合確定申告が必要になります。

  • プレファンで年間20万円以上利益が出た時
  • 他の雑所得と、プレファンの利益を合わせて年間20万を超えた場合

プレファンは少額投資がメインのため、年間20万円の利益が出ることは少ないでしょう。

ただし、プレファンの配当以外の雑所得がある場合には合計金額に注意が必要です。

プレファンは「手軽にリスクの少ない投資をしたい人」におすすめ!

プレファンは一口1万円から出資ができます。

少額からの投資がおこなえるため、投資初心者でも挑戦しやすいです。

また、プレファンに登録が済んでいれば、出資までWEBで完結できます。

手軽に投資をおこないたい方にはピッタリです。

投資による損失のリスクも、優先劣後システムや、自社開発マンションに特化しているため軽減できています。

大きな収益を生む投資ではありませんが、手堅く稼ぎやすい投資と言えます。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

プレファンの運営会社情報

プレファンの運営を行っているのは株式会社プレサンスリアルタです。

東証スタンダード上場企業のプレサンスコーポレーションのグループ企業となっています。

株式会社プレサンスリアルタの会社概要

株式会社プレサンスリアルタの詳細情報は以下の通りです。

社名 株式会社プレサンスリアルタ
代表者 土井 豊
資本金 1億100万円 (株式会社プレサンスコーポレーション100%出資)
設立 平成20年8月25日
本社 〒540-6027
大阪市中央区城見1丁目2番27号 クリスタルタワー27階
電話番号 06-4793-1661
事業内容 不動産売買・仲介
関連会社 株式会社プレサンスコーポレーション

まとめ

プレファンは一口1万円から不動産投資が行える、不動産クラウドファンディングです。

投資額も低く、WEBで手続きが完結し、手軽なサービスで投資初心者にも適しています。

月に出る新規の案件は1~2件と少なく、どのファンドも人気のため出資は抽選で決まります。

資産運用をプレファンだけで行うことは困難です。

しかし、想定利回り5%前後と高利回りで運用できます。

上場企業であるため企業への安心感もあり、優先劣後システムも導入されているためリスクも低くなっています。

手軽でリスクの低い投資先をお探しの方にはピッタリです。

プレファンの公式サイトはこちら⇒

 

☆編集部おすすめ「COZUCHI」が最大で50,500円のAmazonギフトプレゼントキャンペーン実施中!☆

 

50社以上ある不動産クラウドファンディングサービスの中で中でもおすすめなのが、LAETOLI株式会社が運営する「COZUCHI」です。

 

累計調達額はNO.1で、実質利回り10%以上の高利回りファンドを多数組成しているのが特徴です。

 

そんなCOZUCHIは、新規で無料の会員登録を行うだけで、2,000円のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

 

無料会員登録だけでも2,000円がもらえて、さらに投資額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券ももらえる大奮発キャンペーン中です。

 

公式サイトでも同様のキャンペーンを実施中なのですが、無料会員登録でもらえるAmazonギフト券の金額は1,500円と500円下がってしまうので注意してください。

 

 

COZUCHIの中でも過去最大規模のキャンペーンで期限前でも予告なく終了する可能性があるので、興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

 

>>COZUCHIのキャンペーンを見てみる<<

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日々不動産クラウドファンディングのファンド情報を調査し、Fund Bridgeへの掲載を実施しています。これまで、不動産クラウドファンディングに関する50以上のサービスを紹介してきました。不動産クラウドファンディングへの投資を検討している投資家の方に向けて、公平な立場でわかりやすい紹介を心がけています。

コメント

コメントする

目次