COZUCHIの抽選は当たらない?今すぐ試したい5つの方法をわかりやすく解説!

「COZUCHIで投資したいと思っているけど中々抽選が当たらないって本当?」

「先着式もすぐに売り切れるって聞いたけど解決策はあるの?」

COZUCHIは、2024年6月時点で100件のファンドを組成している実績のある不動産クラウドファンディングですが、競争率の高さから抽選で中々当たらないといったSNSなどの書き込みも多いです。

今回は、競争率が高すぎて抽選で当たらないと話題のCOZUCHIで投資しやすくするための方法を紹介していきます。

また、2024年6月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

 

 

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

 

公式サイトでもキャンペーンは実施していますが、会員登録のキャンペーンは1,500円と500円安くなっているので、注意してください。

 

 

投資家登録でAmazonギフト券がもらえますし、投資額に応じて追加でAmazonギフト券がもらえますので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

 

目次

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい5つの方法

COZUCHIの抽選は毎回非常に人気です。

実際に、2024年5月に募集のあった「渋谷区初台一棟マンション」は、募集金額約5億6,000万円に対して、応募数5,812人で応募金額は23億6,135万円と421%の応募率となっています。

COZUCHIの人気ファンドに投資するために試したい5つの方法、

  • COZUCHIチャレンジプログラムを利用する
  • 先着式のファンドに投資する
  • 大型ファンドを狙う
  • スイッチ申込をする
  • とにかく応募する

を紹介していきます。

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい方法1.COZUCHIチャレンジプログラムを利用する

COZUCHIでは「COZUCHIチャレンジプログラム」というものがあります。

COZUCHIチャレンジプログラムとは、チャレンジ募集をしているファンドにCOZUCHIポイントを使って応募することで、抽選に当たりやすくなるポイントプログラムです。

ポイントが多ければ多いほど当たりやすく、ポイントは一般募集されているファンドに応募し、落選することでもらうことができます。

そのため今まで投資できなかった人ほど当たりやすくなる仕組みなのです。

COZUCHIポイントの付与に関しては下記の表を参考にしてください。

引用:COZUCHIチャレンジプログラムについて|COZUCHI Help Center

一般募集されているファンドであれば、先着式でも抽選式でも落選したらポイントをもらえます。

COZUCHIチャレンジプログラムを利用することで今までなら外れて投資できなかったファンドにも投資できるようになるでしょう。

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい方法2.先着式のファンドに投資する

COZUCHIでは抽選式も先着式もどちらも採用しています。

直近10件のファンドでは抽選式7件、先着式3件でした。(2024年6月時点)

抽選式ですと、なかなか投資機会に恵まれないこともありますが、先着式なら開始時刻に応募できれば投資できる可能性が非常に上がります。

募集開始時刻は19時であることが多いので、普段、「お昼の先着に間に合わない」という方でも参加しやすい時間です。

サーバーが重く、繋がりにくいこともありますが、抽選式よりは先着式のファンドを狙っていくことで投資チャンスが広がるでしょう。

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい方法3.大型ファンドを狙う

COZUCHIでは大型ファンドも多く組成されています。

画像はCOZUCHIで募集された中で最高募集額の「京都”ANAクラウンプラザホテル” バリューアッププロジェクト フェーズ2」です。

募集金額は110億円という他のサービスの累計調達額を超えるほどの金額でした。

利回り9%で投資家からの注目も大きかったファンドですが、募集額も大きかったので完売までは数日かかっており、募集が始まってすぐに投資した方は全員投資できました。

ですが、最終的には100%を超える応募額が集まったので、大型ファンドでも早めに投資することがおすすめです。

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい方法4.スイッチ申込をする

COZUCHIのいくつかのファンドでは「スイッチ申込」が行われています。

スイッチ申込とは、現在運用しているファンドに出資している出資元本を、別のファンドの出資元本として移行することです。

主にフェーズ移行するファンドに適用されます。

もし自分の投資しているファンドがスイッチ申込の対象となれば、優先的に投資することができるので、投資機会が増えるでしょう。

なお、スイッチ申込は前回出資元本分までしか投資できないので注意してください。

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい方法5.とにかく応募する

最後に紹介するのは「とにかく応募する」という原始的な方法です。

単純に申し込みの母数を増やすことで当たる可能性を高くします。

また、母数を増やすだけでなく、落選しても先ほど紹介した「COZUCHIチャレンジプログラム」に利用できる「COZUCHIポイント」が貯まるので、応募は多くした方がいいでしょう。

COZUCHIはなぜ抽選に当たらない?理由を解説

COZUCHIの抽選に当たらない時に試したい方法について紹介してきましたが、なぜ、抽選に当たりにくいのでしょうか。

ここでは当たらない理由について以下の3つを紹介していきます。

  • 高利回りファンドを多数組成
  • 実績が豊富
  • 好条件の不動産物件に投資できる

順番に見ていきましょう。

COZUCHIの抽選に当たらない理由1.高利回りファンドを多数組成

これまで100件のファンドを組成しており、その平均想定利回りは7.6%です。(2024年6月時点、COZUCHIファンド運用実績参照)

またCOZUCHIでは想定利回りを上振れて償還される場合があり、その実績利回りは17.1%です。(2024年6月時点、COZUCHIファンド運用実績参照)

不動産クラウドファンディングでは一般的に利回りは4〜5%ほどであることが多いので、非常に高い数値でしょう。

過去には想定利回り12%のファンドが280%超えの利回りになったこともあります。

高利回りファンドや、想定よりも上振れる可能性に魅力を感じる投資家が多く、人気となり抽選に当たりづらくなっているのでしょう。

COZUCHIの抽選に当たらない理由2.実績が豊富

COZUCHIは累計調達額712億円と不動産クラウドファンディングの中でトップの実績を持ちます。

今まで募集したファンドは100件にものぼり、元本割れは0件です。(2024年6月時点)

実績があるからといって、これから元本割れをしないとは限りませんが、実績が少ないサービスよりも安心できることに違いはないでしょう。

業界トップの実績を持つCOZUCHIではどうしても投資家が集まり、投資しづらくなっています。

COZUCHIの抽選に当たらない理由3.好条件の不動産に投資できる

COZUCHIで主に組成している物件は、都心の一等地や人気観光地などです。

自分1人では投資できないような好条件物件に投資できるという点でも人気を集めています。

また、好条件の物件では不動産の価値が落ちる可能性が低く、リスクを抑えた投資が可能になります。

好条件の物件に投資したい多くの投資家がCOZUCHIに集まっています。

まとめ

COZUCHIは、匿名組合型の不動産クラウドファンディングです。

東京都23区内を中心とした資産価値の高い案件が多く、10%以上の高い利回り、元本割れが未だないなど、非常に魅力の多い投資商品と言えます。

そのため、人気のファンドは応募倍率が700%を越えることもあり、中々抽選で当たらないケースも多いです

COZUCHIに投資したい方は今回紹介した

  • COZUCHIチャレンジプログラムを利用する
  • 先着式のファンドに投資する
  • 大型ファンドを狙う
  • スイッチ申込をする
  • とにかく応募する

この5点を参考にしてみてください。

また、2024年6月現在当サイト限定で最大50,500円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中です!

 

 

会員登録だけでも2,000円のAmazonギフト券が必ずもらえますし、実際に投資した金額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券がもらえます。

 

公式サイトでもキャンペーンは実施していますが、会員登録のキャンペーンは1,500円と500円安くなっているので、注意してください。

 

 

投資家登録でAmazonギフト券がもらえますし、投資額に応じて追加でAmazonギフト券がもらえますので興味がある人はこの機会に会員登録しておくことをおすすめします。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次