A fundingの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまでわかりやすく解説!

A fundingは、不動産投資型クラウドファンディングを提供するプラットフォームです。

不動産の現物投資では多額の投資資金が必要となりますが、不動産投資型クラウドファンディングは少額から気軽に始められるメリットがあります。

本記事では、A fundingを実際に利用した人の評判やメリット・デメリットについて解説します。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

不動産クラファンに一括登録ができるFund Searchが、最大2,000円のAmazonギフト券プレゼント中!

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • Darwin funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

目次

A fundingの評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

まずは、実際にA fundingを利用した人からの評判・口コミを確認していきましょう。

A fundingの良い評判・口コミ

A fundingでは1万円から利用できる点や、ホームページでの情報開示に関する前向きな評判が見られました。

1万円から不動産投資ができるので、気軽にチャレンジしやすい。

ゆくゆくは不動産の現物投資をしたいと思っているので、不動産投資に関する知識が得られる点もメリットと感じている。

運営元が東証に上場している企業なので安心して利用できる。
ホームページでファンド情報が見られるので便利。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingの悪い評判・口コミ

A fundingでは取扱ファンドが少なく、なかなか新規案件の募集が出ないことがあります。

取り扱っている案件があまり多くない。
案件によっては投資金額の上限が低いので、まとまった資金を投資できないことがある。

A fundingの強み・メリット3選

A fundingには、以下の3つのメリット・特徴が挙げられます。

  • 1万円から投資できる
  • 東証上場企業が運営している
  • GMOあおぞらネット銀行を利用すると振込手数料が無料になる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

A fundingの強み・メリット1. 1万円から投資できる

A fundingは1万円から不動産投資が行えます。

現物の不動産投資を行う場合、多額の初期投資が必要となる上、購入後は修繕費や管理費用も必要となります。

そのため、不動産投資に興味があってもハードルが高く感じてしまう人もいるでしょう。

その点、A fundingでは1万円から不動産投資が始められるため、少額から気軽にチャレンジできるメリットがあります。

A fundingの強み・メリット2.東証上場企業が運営している

A fundingの運営元である「株式会社アンビションDXホールディングス」は、東証グロース市場に上場している企業です。

初めて不動産投資型クラウドファンディングを利用する場合「本当に安心して利用できる企業なのだろうか」と不安に思うことがあるかもしれません。

大切な資金を預ける上で、運営元が信頼できる企業であることは大切なポイントといえます。

上場しているからといって絶対に安全だとは言えませんが、上場していることで決算情報が見れたりするので、倒産リスクなどに備えることができます。

A fundingの強み・メリット3.GMOあおぞらネット銀行を利用すると振込手数料が無料になる

A fundingでは、出資金を振り込む際の手数料は利用者負担となっています。

しかし、GMOあおぞらネット銀行から振り込んだ場合は、振込手数料が無料です。

A fundingではファンドの購入手数料も無料となっているため、GMOあおぞらネット銀行を利用すればコストをかけずに不動産投資を始められます。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingの注意点・デメリット

様々なメリットが挙げられるA fundingですが、取扱ファンドが少ない点がデメリットです。

2024年4月現在で公式サイトに掲載されているファンドは全6件となっており、全て募集期間が終了した案件となっています。

「色々な案件の中から投資先を選びたい」という人にとっては物足りないと感じるでしょう。

A fundingのリスク3選

A fundingには、以下の3つのリスクがあります。

  • 元本保証がない
  • 原則中途解約ができない
  • 分配金がもらえるのは物件の売却後

それぞれ詳しく確認していきましょう。

A fundingのリスク1.元本保証がない

A fundingの不動産投資型クラウドファンディングは、元本保証がありません。

A fundingに限らず、不動産投資型クラウドファンディングでは元本保証が禁止されています。

投資先の不動産の運用状況によっては、元本が割れて戻ってきたり、分配金が想定よりも低くなったりする場合があります。

投資を行う際は十分リスクを理解して取り組むことが大切です。

A fundingのリスク2.原則中途解約ができない

A fundingの不動産投資型クラウドファンディングでは、原則中途解約ができません。

そのため、万が一途中で資金が必要になったとしても、満期までは受け取れない仕組みとなっています。

投資を行う際は、必ず余裕資金で申し込むようにしましょう。

なお、投資をしている本人が亡くなった場合は、名義変更もしくは解約が可能です。

A fundingのリスク3.分配金がもらえるのは物件の売却後

A fundingでは、分配金を受け取るタイミングが原則として物件の売却後2ヶ月後となっています。

運用中には分配金を受け取れないため「投資の楽しみがない」と感じる人もいるかもしれません。

ただし、分配金が出るタイミングはファンドによって異なるため、ファンドごとの概要をチェックしましょう。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingは儲かる?実績を確認

A fundingで取り扱っているファンドでは、どれくらいの利益が得られるのでしょうか。

以下の表は、A fundingが過去に取り扱ったファンドの概要をまとめたものです。

ファンド名 A funding 5号 不動産特定共同事業
運用期間 2021年06月30日~2022年03月31日
想定分配利回り 4.5%

このファンドは、東京都品川区のマンションへの投資を目的に立ち上げられました。

運用期間は約9ヶ月と短期間ではありますが、4.5%の年利が受け取れるのは魅力的といえるでしょう。

A fundingの仕組みをわかりやすく解説

A fundingが取り扱う不動産投資型クラウドファンディングは、投資家から集めた資金を元に不動産投資を行い、その利益を投資家に還元する仕組みです。

物件の運用状況によっては元本が割れて戻ってきたり、分配金が減少したりすることがありますが、A fundingではそうしたリスクに備えて「優先劣後システム」を導入しています。

次の項目で詳しく確認しましょう。

A fundingは優先劣後システムを導入

優先劣後システムとは、投資家を「優先出資者」、事業者を「劣後出資者」とすることで、不動産から得た利益を投資家へ優先的に還元するシステムです。

これにより、不動産価格が下落した場合、その損失を一定の水準まで事業者側が負担することとなります。

劣後出資分を超えて価格が下落した場合は、投資家も損失を負担しなければいけませんが、一定水準まで元本が守られているのは投資家にとって大きなメリットです。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingに税金はかかる?

A fundingの不動産投資型クラウドファンディングで得た分配金は「雑所得」であるため所得税の対象となります。

不動産投資型クラウドファンディングによる分配金は「源泉徴収税」の対象となり、20.42%の税金が源泉徴収されたうえで、投資家の口座へ分配金が入金されます。

A fundingは確定申告が必要な場合がある

雑所得が年間20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

ただし、確定申告が必要となる基準は収入源や就労状況によって異なるため、詳細は税理士や税務署へ相談することがおすすめです。

A fundingは「運営元の信頼性を重視する人」におすすめ!

A fundingの運営元である「株式会社アンビションDXホールディングス」は、東証グロース市場へ上場している企業です。

初めて不動産投資型クラウドファンディングを利用する人にとって、運営元が上場企業であることは大きな安心感につながるでしょう。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingの運営会社情報

A fundingは、株式会社アンビションDXホールディングスによって運営されています。

下記の表に株式会社アンビションDXホールディングスの概要をまとめました。

株式会社アンビションDXホールディングスの会社概要

株式会社アンビションDXホールディングスの詳細情報は以下の通りです。

会社名 株式会社アンビションDXホールディングス
設立日 2007年9月14日
代表者 代表取締役 清水 剛
所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル18階
資本金 401,899千円(2024年1月31日時点)

まとめ

A fundingは、不動産投資型クラウドファンディングを提供するプラットフォームです。

1万円から投資できるため、少額から気軽に不動産投資を始められるメリットがあります。

ただし、募集している案件が多くないため、A fundingの利用を検討している人はこまめに公式サイトをチェックすることがおすすめです。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

不動産クラファンに一括登録ができるFund Searchが、最大2,000円のAmazonギフト券プレゼント中!

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • Darwin funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次