SOLSの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまでわかりやすく解説!

昔から人気のある投資として知られているのが不動産投資です。

不動産投資をすれば大家になれるので、一度はやってみたいと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし不動産投資は多額の資金が必要であり、なかなか手が出せないと諦めてしまう方もいます。

そこで人気を集めているのが「不動産投資型クラウドファンディング」です。

不動産投資型クラウドファンディングとは収益不動産を複数の投資家で所有することで、少額から投資ができるサービスです。

さらに収益不動産の運営は事業者が行うので、大家業を行う必要もありません。

そんなメリットの多い不動産投資型クラウドファンディングの一つ「SOLS(ソルス)」というサービスについて、聞いたことがある方もいるでしょう。

ただ、サービスを開始してからあまり日が経っていないため、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではSOLSの評判や口コミ、メリットや実績などについて解説します。

SOLSを詳しく知りたい方や、新しい不動産投資型クラウドファンディングを利用してみたい方はぜひ参考にしてください。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

目次

SOLSの評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

SOLSに投資をしている方は、どのような評判や口コミを投稿しているのでしょうか。

実際に投資している方の声を見ていきます。

SOLSの良い評判・口コミ

まずはSOLSの良い評判や口コミを紹介します。

SOLSで組成されているファンドはまだ少ないものの、内容を確認すると地域密着型であり、銀行も選択できることが魅力的だという口コミが投稿されていました。

また、利用者の満足度も高く再度投資したいといった内容も見かけました。

待機資金が出し入れ自由である「SOLS WALLET」にも良い評価が集まりました。

SOLSの悪い評判・口コミ

次にSOLSの悪い口コミや評判を紹介します。

倍率が低いにも関わらず落選してしまったといった声を見かけました。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

SOLSの強み・メリット5選

SOLSの強みやメリットはこちらの5点です。

  • 社会貢献できるファンドに投資ができる
  • 収益不動産のプロが運営している
  • 劣後出資割合が高い
  • 少額から不動産投資ができる
  • 途中解約に対応している

それぞれ見ていきましょう。

SOLSの強み・メリット1.社会貢献できるファンドに投資ができる

SOLSの第1号ファンドは「グループホーム春日井」です。

2020年5月から女性専用・障がい者グループホームとして運営されている当施設は、利用者を一般の健常者と同様の社会環境に近づけていけるよう、食事の提供や相談などの支援を行っています。

SOLSのファンドに投資を行えば出資による分配金を受け取りつつ、社会貢献もできるのです。

「世の中のために何かしたいけど、なかなか行動にうつせない」と考えている方にもおすすめできます。

SOLSの強み・メリット2.収益不動産のプロが運営している

不動産投資をするには物件の選定が必要です。

しかし物件の選定は誰でもできるものではありません。

不動産の知識がなければ、あっという間に食いものにされてしまうのが不動産業界です。

せっかく資金があっても収益が期待できる物件を選べなければ、結果的に損をしてしまうかもしれません。

SOLSを運営会社している「株式会社不二興産」は、創業してから一貫して収益不動産の売買や再生などの事業を行っているプロ集団です。

SOLSのファンドで選ばれている収益不動産は、厳しい審査基準を満たした物件です。

知識がない不動産投資の初心者も、SOLSのファンドに投資すれば安心して運用ができます。

SOLSの強み・メリット3.劣後出資割合が高い

SOLSでは劣後出資割合がほかのサービスと比較すると高く設定されています。

不動産投資型クラウドファンディングで劣後出資割合が2割をこえると高い水準だといえるのですが、SOLS第2案件の「ピュアライフ長草」では87.93%と驚異の数字です。

SOLS第1号案件の「グループホーム春日井」も30%と、かなり高い水準にあります。

劣後出資割合が高ければ高いほど、投資家の元本は保全される可能性が高くなります。

できるだけ損をしたくないと考えている方は、SOLSに投資を検討してもよいのではないでしょうか。

SOLSの強み・メリット4.少額から不動産投資ができる

SOLSもファンドに投資をする場合、最低出資金額は1口5万円からです。

ほかの不動産投資型クラウドファンディングでは1口1万円から投資できるサービスもありますが、多額の資金を準備して不動産を購入しなくてもすむと考えれば、少ないと考えられるでしょう。

SOLSの強み・メリット5.途中解約に対応している

多くの不動産投資型クラウドファンディングでは、一度運用がはじまると解約ができません。

そのため運用中のファンドに関して悪いニュースが流れたとしても、運用が終了するまで待たなければならないので、不安に感じる方もいるでしょう。

しかしSOLSではやむを得ない事由がある場合のみ、途中解約ができます。

このやむを得ない事由とは、事業者の信用低下が明らかになった場合などを指すため、自己都合での途中解約は対象外です。

しかし不安な気持ちで運用が終わるまで待つよりは、早く資金を回収したいと考える方もいるでしょう。

そのような方にとっては、とてもありがたい仕組みだといえます。

注意点としては、契約解除手数料として出資額の10%と消費税がかかります。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

SOLSの注意点・デメリット2選

SOLSの注意点やデメリットを見ていきましょう。

SOLSの注意点・デメリット1.実績が少ない

2024年6月時点で、SOLSが募集をかけた案件は8つしかありません。

さらに現在応募できるファンドが1件しかないため、他のファンドに応募したい場合は次の募集がかかるのを待つ必要があります。

これから多くのファンドが組成されてくれば実績も増えてくるため、投資をする判断材料になるでしょう。

今後のファンドの組成に期待したいですね。

SOLSの注意点・デメリット2.当選しないと投資ができない

SOLSで投資をする際、募集期間内に出資申込を行います。

ただし抽選方式と先着順方式を採用しており、抽選方式の場合は当選しなければ投資ができません。

倍率だけ見れば3倍弱なので、ほかの不動産投資型クラウドファンディングサービスと比べると高くはなく当選する可能性は高いです。

それでも、手元の資金を着実に投資に回したい方にとっては投資機会を逃すことにもなりかねません。

どうしても投資をしたいのであれば、ほかの不動産投資型クラウドファンディングサービスと併用するとよいでしょう。

SOLSのリスク2選

SOLSのリスクも必ず確認しておきましょう。

SOLSのリスク1.運営会社が倒産する可能性がある

SOLSの運営会社は「株式会社不二興産」です。

創業してから20年以上、収益不動産の売買や再生などの事業を行っており、信頼できる会社です。

しかし、今後事業がうまくいかなくなる可能性もあります。

もし倒産してしまうと、投資家の元本は毀損するおそれもあります。

会社の運営に絶対はないため、過信しすぎないように注意しましょう。

SOLSのリスク2.想定分配率を割る可能性がある

投資対象の収益不動産に何かしらの原因が発生した場合、賃料の支払いができなくなる可能性があります。

このような不測の事態が起きた場合、想定分配率を割り込み、分配金が減少することも考えられるので注意してください。

ただ損失が発生した場合、劣後出資者である株式会社不二興産が先に補填します。

一定の割合の範囲内に損失額がおさまっていれば、優先出資者である投資家から優先的に分配金が支払われるため、影響はありません。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

SOLSは儲かる?実績を確認

2024年6月時点の情報だと、SOLSではまだ8件のファンドしか募集をしておらず、実績はあまりありません。

それでも第6号ファンドまで償還完了のお知らせが公式サイトにアップされていたので、無事に運用が終了したようです。

今のところ貸し倒れや分配金の遅延などは起きていないので、投資家は損をしていません。

投資家は問題なく分配金を受け取れるので、SOLSに投資をすれば儲かるといえるでしょう。

SOLSの仕組みをわかりやすく解説

SOLSは不動産投資型クラウドファンディングの仕組みを採用しています。

不動産投資型クラウドファンディングとはクラウドファンディングの一つです。

インターネットを通じて不特定多数の投資家から資金を集め、収益不動産を購入したのち、分配金や売却益を投資家に分配します。

投資家は自分で不動産物件の選定や管理などを行う必要はありません。

また複数の投資家と共同出資をするため、少額から投資ができるのもポイントです。

SOLSで投資をする際の流れは、こちらを参考にしてください。

  1. 投資家はSOLSに会員登録をしたのち、投資をしたい収益物件を選ぶ
  2. 収益物件に投資の申し込みを行ったあと、SOLSは投資家から集めた出資金をもとに収益不動産の購入や運営を行う
  3. 賃料や売却益などの利益は、一旦SOLSに支払われる
  4. SOLSは出資割合に基づいた分配金を投資家に分配する
  5. 運用が終了すると、出資金が投資家に返金される

SOLSは優先劣後システムを導入

SOLSでは優先劣後システムを導入しています。

優先劣後システムとは投資家を優先出資者、運営会社を劣後出資者と定義し、対象不動産に共同出資を行う仕組みのことです。

優先出資者は劣後出資者よりも優先的に利益分配の受け取りが可能です。

もし損失が出た場合は劣後出資者である運営会社が先に負担するので、優先出資者である投資家の元本をより安全に運用できます。

SOLSでは他社と比較しても劣後出資金の割合を高く設定しており、不動産投資をしたいけど損はしたくないと考える方も、安心して利用できるでしょう。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

SOLSに税金はかかる?

投資するファンドの種類により異なりますが、SOLSでの分配金に税金はかかります。

SOLSは確定申告が必要な場合がある

SOLSのファンドには3種類あり、所得の区分が異なります。

任意組合型のファンドに投資をした場合、対象不動産の譲渡に関する金額は「譲渡所得」、それ以外の金額は「不動産所得」に該当します。

確定申告は原則として必要です。

匿名組合型のファンドや出入れ自由型のファンドで分配金を受け取った場合は、雑所得に区分されます。

確定申告を行うのは、年末調整を受けた給与所得者の年間雑所得の合計金額が20万円をこえた方です。

注意点としては、雑所得は株式投資のように損益通算ができません。

不明な点は、税理士または所轄の税務署へお問い合わせください。

なお、確定申告に必要な「年間取引報告書」は物件契約期間が終了したあと、分配金が支払われるタイミングの前後で確認できます。

マイページの「交付書面」にPDFファイルで掲載されると、登録しているメールアドレスに通知が届くので、忘れずに確認しておきましょう。

SOLSは「できるだけ守りを重視しながら不動産投資をしたい人」におすすめ!

SOLSでは劣後出資割合が高く設定されており、投資家の元本ができるだけ守られる仕組みを採用しています。

劣後出資割合はファンドにもよりますが、最大で87.93%に設定されています。

この数字はよほどのことがない限り、投資家の元本に影響がないと判断できる水準なので、安心して運用できるでしょう。

また、1口5万円と小額からの投資にも対応しています。

もし元本の毀損があったとしても、出資金が少額であれば大きな損失にはならないため、投資家の負担も少ないでしょう。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

SOLSの運営会社情報

SOLSの運営会社は「株式会社不二興産」です。

創業してから一貫して不動産の再生事業に取り組んできた会社です。

また空室対策のアドバイスや収益不動産管理などを行い、大家の資産の最適化を目指して事業を行っています。

株式会社不二興産の会社概要

株式会社不二興産の詳細情報は以下の通りです。

商号 株式会社 不二興産
所在地 愛知県名古屋市西区南川町227番地
代表取締役 猪子能史
設立 2000年8月
資本金 1億円
登録 宅地建物取引業免許/国土交通大臣(2)第8892号不動産特定共同事業許可/愛知県知事第4号賃貸住宅管理業登録/国土交通大臣(1)第6323号
加盟団体 (公社)不動産保証協会(公社)全日本不動産協会(公財)日本賃貸住宅管理協会
CSR活動

(財)CIESF、NPO法人ファンタジスタ(福)名肢会、サンホープ名古屋(財)みちのく未来基金

(財)ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン、認定NPO法人フローレンス

まとめ

SOLSは1口5万円から収益不動産に投資ができる、不動産投資型クラウドファンディングです。

一度投資をすれば収益不動産の管理や運営などはすべて運営会社にお任せできるため、ほったらかし投資ができます。

口コミを見てみるとまだファンドの数は少ないものの、魅力的な内容だといった声が投稿されていました。

また収益不動産の取り扱いに長けているプロが運営しており、安心できると高評価でした。

SOLSでは劣後出資割合が高く、投資家の元本の保全が強化されています。

第2号ファンドでは87.93%と、ほかの不動産投資型クラウドファンディングでは見られない驚きの劣後出資割合に設定されていました。

まだ実績が少ないため評価ができない部分もありますが、競争率もそこまで高くなく、当選が期待できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

次のファンドが組成される前に、会員登録をしておいてはいかがでしょうか。

SOLSの公式サイトはこちら⇒

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search(ファンドサーチ)」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごとに面倒な会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、顔認証や本人確認書類での登録作業が手間だと感じていた人も多いはずです。

そんな中、新しく複数社の会員登録を一括で済ませられる「ファンドサーチ」が登場しました。

 

複数社に登録することで、ファンドへの投資機会も増やすことができますし、リスク分散にもつながります。

リリース直後なので、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのこと。

  • DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
  • DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
  • REISMファンズ(リズムファンズ)
  • わかちあいファンド

ただ、他にも会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchですが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントキャンペーン中です。(最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース時限定のキャンペーンなので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次