COZUCHIの評判・口コミはどう?メリット・デメリットからリスク、実績、儲かるかまで徹底解説!

COZUCHIは、不動産投資型クラウドファンディングを提供するプラットフォームです。

1口1万円から投資できるため、初めて不動産投資を行う人や少額投資を検討している人にもおすすめといえます。

本記事では、COZUCHIのメリットや特徴、実際に利用した人からの評判などを解説します。

またCOZUCHIは、新規で無料の会員登録を行うだけで、2,000円のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

 

無料会員登録だけでも2,000円がもらえて、さらに投資額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券ももらえる大奮発キャンペーン中です。

 

公式サイトでも同様のキャンペーンを実施中なのですが、無料会員登録でもらえるAmazonギフト券の金額は1,500円と500円下がってしまうので注意してください。

 

 

COZUCHIの中でも過去最大規模のキャンペーンで期限前でも予告なく終了する可能性があるので、興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

 

>>COZUCHIのキャンペーンを見てみる<<

 

目次

COZUCHIの評判・口コミは?実際に投資している人の声を紹介!

まずは、実際にCOZUCHIを利用した人からの評判・口コミを確認していきましょう。

COZUCHIの良い評判・口コミ

COZUCHIを実際に利用した人からは、少額投資ができる点や優先劣後方式が採用されている点が高く評価されているようです。

COZUCHIの悪い評判・口コミ

COZUCHIでは多くのファンドを取り扱っているものの、予想利回りが高いファンドについては多くの応募が殺到することから、なかなか当選できないこともあるようです。

\登録だけでもアマギフ2,000円!/

COZUCHIの公式サイトはこちら

COZUCHIの強み・メリット3選

COZUCHIには、以下の3つのメリット・特徴が挙げられます。

  • 1万円から投資できる
  • 利回りが高いファンドを取り扱っている
  • 運用中でも換金ができる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

COZUCHIの強み・メリット1. 1万円から投資できる

COZUCHIの強み・メリット1. 1万円から投資できる

COZUCHIは1万円から投資できるため、少額投資が可能です。

不動産の現物投資では多額の投資資金が必要となるうえ、不動産を購入した後も修繕費や管理費などのコストが発生します。

しかし、COZUCHIの不動産投資型クラウドファンディングであれば、1万円から気軽にチャレンジでき、購入手数料や運用手数料などのコストもかかりません。

少額からコストゼロで不動産投資が行えるのは、多くの人にとってメリットといえます。

COZUCHIの強み・メリット2.利回りが高いファンドを取り扱っている

COZUCHIの強み・メリット2.利回りが高いファンドを取り扱っている

COZUCHIでは、年利3.0~12.0%程度のファンドを取り扱っており、中にはハイリターンのファンドも多くあります。

またCOZUCHIでは利回りの上限を定めていないため実質利回りが想定利回りを大きく上回ることもあり、過去には実質利回りが200%を超えたこともありました。

優先劣後方式でリスクを低減しつつ、ハイリターンのファンドへ投資ができるのは、投資家にとって魅力的です。

ただし、不動産の運用状況によっては、想定利回りが下回る可能性がある点は十分理解しておきましょう。

 

COZUCHIのファンドは一棟マンションからホテル、リゾート開発、リニア開発に関するものまで、とにかくバリエーションに富んでいます。

その分、どのような事業なのかを投資する前にしっかり確認する必要があります。

 

COZUCHIの強み・メリット3.運用中でも換金ができる

COZUCHIでは、ファンドの運用途中でも換金が行えます。

不動産投資型クラウドファンディングでは満期まで換金ができないことが一般的であり、投資家は満期まで資金を拘束されるデメリットがあります。

しかし、COZUCHIではいつでも換金手続きが行えるため、急に資金が必要となった場合でも対応が可能です。

なお、換金手続きには出資元本の3.3%の事務手数料がかかります。

 

COZUCHIでは換金請求を受けたファンドを再販するリセールファンドが募集されたことも話題になりました。

人気ファンドのリセールは宝くじ並みの倍率でしたが、新しい取り組みに積極的でとても面白いです。

COZUCHIの注意点・デメリット

COZUCHIでは高利回りのファンドを多く取り扱っているため、ファンドによっては応募率が1,000%を超えることもあります。

したがって「このファンドに投資をしたい」と思っても、なかなか抽選に通らないこともあるかもしれません。

ただし、キャンセル分については先着方式で募集がかかることもあるため、こまめに情報をチェックすることがおすすめです。

COZUCHIのリスク2選

COZUCHIには、以下の2つのリスクがあります。

  • 元本保証がない
  • 分配金が支払われるのはファンドの運用終了後

それぞれ詳しく確認していきましょう。

COZUCHIのリスク1.元本保証がない

COZUCHIのリスク1.元本保証がない

COZUCHIが取り扱う不動産投資型クラウドファンディングは、元本保証がありません。

ファンドの投資対象である不動産の運用状況によっては元本が割れて戻ってくることや、想定した配当が得られない可能性もあります。

そのため、あらかじめ投資リスクを理解したうえで取り組むことが大切です。

COZUCHIのリスク2.分配金が支払われるのはファンドの運用終了後

COZUCHIのリスク2.分配金が支払われるのはファンドの運用終了後

COZUCHIでは、分配金が支払われるのはファンドの運用終了後30日以内とされています。

運用期間中は分配金が支払われないため「投資の楽しみがない」と感じる人もいるかもしれません。

\登録だけでもアマギフ2,000円!/

COZUCHIの公式サイトはこちら

COZUCHIは儲かる?実績を確認

COZUCHIで取り扱っているファンドでは、どれくらいの利益が得られるのでしょうか。

以下の表は、実際にCOZUCHIで募集された案件の概要をまとめたものです。

ファンド名 六本木事業用地Ⅱ②(居宅)
想定利回り(年利) 10.0%
運用期間 12ヶ月

このファンドでは想定利回りが10.0%と高いこともあって、応募率が744%にものぼりました。

もちろん投資リスクはよく吟味する必要はあるものの、10.0%の想定利回りは魅力的といえるでしょう。

COZUCHIの仕組みをわかりやすく解説

COZUCHIが取り扱う不動産投資型クラウドファンディングは、投資家から集めたお金で不動産事業を行い、それによって得た利益を配当として投資家へ還元するものです。

不動産の運用状況によっては元本が割れたり、予想利回りを下回ったりするリスクがありますが、COZUCHIではそうしたリスクに備えて「優先劣後方式」を採用しています。

次項で詳しく確認していきましょう。

COZUCHIは優先劣後方式を導入

優先劣後方式を導入

COZUCHIでは、優先劣後方式を採用しています。

優先劣後方式とは、投資家の出資分を「優先出資」、事業者の出資分を「劣後出資」とすることで、投資家に優先的に利益を還元する仕組みです。

これによって、不動産価格が下落した場合でも、劣後出資分までの損失であれば事業者が負担してくれることとなります。

もちろん劣後出資分を超えて損失が発生した場合は、投資家も損失を負担しなければいけませんが、ある一定水準までは元本が守られる点は大きな安心感につながるでしょう。

COZUCHIに税金はかかる?

COZUCHIで得た配当金は、雑所得として所得税の対象です。

不動産投資型クラウドファンディングによる分配金は「源泉徴収税」の対象となり、20.42%の税金が源泉徴収されたうえで、投資家の口座へ分配金が入金されます。

2023年6月から始まった任意組合型(中長期運用型)では不動産取得税となります。

COZUCHIは確定申告が必要な場合がある

確定申告が必要な場合がある

雑所得が年間20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

ただし、確定申告が必要となる基準は他の収入源や就労状況によって異なるため、詳細は税理士や税務署へ相談することがおすすめです。

COZUCHIは「ハイリターンを狙いたい人」におすすめ!

COZUCHIは高利回りのファンドを多く取り扱っているため、リスクを取りながらリターンを追求したい人におすすめです。

高利回りのファンドは応募率も高くなるものの、キャンセル分は先着にて申し込むこともできます。

こまめに情報をチェックして、ファンド情報を逃さないようにしましょう。

 

COZUCHIでは高利回りのファンドも多く募集されますが、土地の権利関係が複雑なものなどリスクもあります。

運用戦略が上手くいくか、しっかり確認する必要があります。

 

\登録だけでもアマギフ2,000円!/

COZUCHIの公式サイトはこちら

COZUCHIの運営会社情報

COZUCHIは、LAETOLI株式会社によって運営されています。

下記の表にLAETOLI株式会社の概要をまとめました。

LAETOLI株式会社の会社概要

LAETOLI株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名 LAETOLI株式会社
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山2-26-1 D-LIFEPLACE南青山2階
代表者 代表取締役 武藤 弥
電話番号 050-1807-0860(平日10:00-17:00)

まとめ

COZUCHIは、不動産投資型クラウドファンディングを提供するプラットフォームです。

1万円から気軽に不動産投資にチャレンジできるうえ、現金が必要となった場合は中途換金ができる点も大きな特徴です。

人気のファンドは多くの応募が殺到することもあるため、こまめに情報をチェックして抽選を逃さないようにしましょう。

またCOZUCHIは、新規で無料の会員登録を行うだけで、2,000円のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

 

 

無料会員登録だけでも2,000円がもらえて、さらに投資額に応じて最大48,500円のAmazonギフト券ももらえる大奮発キャンペーン中です。

 

公式サイトでも同様のキャンペーンを実施中なのですが、無料会員登録でもらえるAmazonギフト券の金額は1,500円と500円下がってしまうので注意してください。

 

 

COZUCHIの中でも過去最大規模のキャンペーンで期限前でも予告なく終了する可能性があるので、興味がある人は無料の会員登録だけでも今のうちに済ませておくことをおすすめします。

 

>>COZUCHIのキャンペーンを見てみる<<

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2013年に日本株投資をスタート。資産を順調に増やしながら、先進国株の投資信託や米国の個別株にも分散投資。2017年にソーシャルレンディング、2019年に不動産クラウドファンディングへの投資を開始。2023年6月に総資産1億円を突破。現在40社以上の不動産クラウドファンディングに約4500万円を投資中。

コメント

コメントする

目次